2019年8月2日以前の「製品&サービス:IT」記事一覧はこちら

目次

  • 24時間365日体制でセキュリティ運用を代行するSOCサービス

     インターネットイニシアティブの「IIJ C-SOCサービス」は、ユーザーに代わって24時間365日体制でセキュリティ運用を実施するSOCサービスである。ファイアウオールなどのセキュリティ機器を監視し、セキュリティログを収集・分析し、検知したインシデントへの対応を実施する。

  • FIDO認証でWindowsにログオン可能にするクラウドサービス

     ソフト技研の「YubiOn FIDO Logon」は、パスワードレスでもWindowsにログオンできるようにするクラウドサービスである。Windows PCへのログオンを、FIDOを利用した2要素認証にできる。

  • 形態素解析エンジン「Sudachi」の構築と運用を支援する有償サポート

     ワークスアプリケーションズ・エンタープライズの「Sudachi有償サポートサービス」は、形態素解析エンジン「Sudachi」の有償サポートサービスである。Sudachiの活用を支援する「Sudachiコンサルティングサービス」と、Sudachiの運用を支援する「Sudachi保守サービス」で構成す…

  • 電話発信から相手につながるまでを自動化するクラウドサービス

     サーバーワークスの「オートコール導入サービス for Amazon Connect」は、コールセンターにおける外部への電話発信(アウトバウンドコール)を自動化するクラウドサービスである。システムが自動で外部に電話をかけ、電話がつながるとオペレータに応対を引き継ぐ。

  • 取引データを電子保存できるクラウド型のEDIサービス

     SCSKの「スマクラ」は、クラウド型で利用できるEDI(電子データ交換)サービスである。取引先に合わせて、各種のEDI方式を選択できる。

  • 会社に届いた郵便物をクラウド上で閲覧・破棄・転送できるサービス

     N-Technologiesの「atena(アテナ)」は、会社に届いた郵便物をクラウド上で閲覧/破棄/転送可能にするサービスである。ユーザーに代わって郵便物を受け取り、郵便物の中身をスキャンして電子化する。

  • コンタクトセンターの応対履歴からFAQ候補を生成するサービス

     三井情報の「Q&A生成サービス」は、コンタクトセンターの応対履歴から質問と回答を抽出し、FAQ(よくある質問とその回答)の候補リストを提供するサービスである。Q&Aデータの生成を支援するとともに、更新や追加が必要なFAQ候補を提示する。Q&Aデータのクレンジング作業も実施する。

  • ネットワーク分離環境でも使えるビジネスチャットソフト

     ネオジャパンの「ChatLuck」は、ビジネスチャットのソフトウエアである。HTML5に対応したWebブラウザーやスマートフォン/タブレット専用アプリ(iOS/Android)から、ChatLuckのサーバーにアクセスして利用する。オンプレミス版とSaaS版がある。

  • OCRと人力を併用して帳票を正確にテキスト化するクラウドサービス

     ハンモックの「WOZE(ウォーゼ)」は、帳票や書類をテキストデータ化するクラウドサービスである。OCR(光学文字読み取り)とクラウドワーカーの併用で帳票/書類の文字を正確にテキストデータ化し、CSV(カンマ区切り形式)ファイルの形態でアウトプットする。

  • 全従業員のテレワーク勤務状況を可視化できるサービス

     オプティムの「Optimal Biz Telework」は、テレワーク環境下における従業員の勤務状況や業務内容を可視化できるサービスである。いつ、どこで、だれが、どのような業務をしているかが分かる。

  • ベクトル型スパコンを月額8万8000円でクラウド提供

     カゴヤ・ジャパンの「SX-Aurora TSUBASAクラウド」は、NECのベクトル型スーパーコンピュータ「SX-Aurora TSUBASA」を、カゴヤ・ジャパンのデータセンターで運用できるサービスである。ホスティングサービスとハウジングサービスを提供する。

  • 画像認識AIをマウスクリックで開発できるクラウドサービス

     AI insideの「Learning Center」は、画像を認識して判定するAIモデルをノーコードで開発できるクラウドサービスである。AIやプログラミングの知識は不要で、簡単な入力とマウスクリックだけで簡単にAIモデルを開発して運用できる。ベンダーや開発者に依頼することなく、業務部門のエンドユ…

  • テレワークユーザー同士をVPNでつなぐVPNサーバー

     インターリンクの「グループ専用VPNサーバー+NGN」は、テレワーク環境で働いている複数のメンバー同士が同一のネットワーク(グループLAN)を共有できるVPNサービスである。

  • 月額15万円で利用できるクラウド型BIソフト

     ウイングアーク1stの「Dr.Sum Cloud」は、クラウド型で利用できるBI(ビジネスインテリジェンス)ソフトである。オンプレミス型のBIソフト「Dr.Sum」をSaaS型クラウドサービスの形態で提供する。

  • コンフィグ管理やSSH端末機能を備えたネットワーク管理ソフト

     アラクサラネットワークスの「AX-Network Manager」は、ネットワーク運用管理ソフトである。Linuxで稼働するソフトウエア版のほか、クラウドサービスの形態で利用できるSaaS版がある。SaaS版では、管理対象の社内ネットワークとAX-NMとの間をIPsec VPNで接続して使う。

  • メンテナンスやヘルプデスクに向いたWindowsリモート操作ソフト

     インターコムの「LAPLINK 14」は、リモートデスクトップ操作ソフトである。WindowsデスクトップのGUI画面を、ネットワークを介してリモートから操作できる。運用保守の効率化を目的に開発したソフトである。

  • サーバーがオンプレミス/クラウド両対応のリモートデスクトップソフト

     スロベニアXLABの「ISL Online」は、リモートデスクトップソフトである。端末のデスクトップ画面を、別の端末からネットワーク経由でリモート操作できる。在宅のパソコンや外出先のスマートデバイスからオフィスのパソコンを操作する用途や、Linuxサーバーのリモートメンテナンス用途、パソコンの使い…

  • サポート業務に使うビジネスソフトに組み込めるリモートデスクトップソフト

     TeamViewerジャパンの「TeamViewer」は、遠隔地のパソコン画面をリモートで操作したり、拠点間で同じデスクトップ画面を共有してパソコンの使い方を遠隔サポートしたりできるリモートデスクトップソフトである。テレワーク時のリモートアクセスやITサポート業務などの用途に利用できる。

  • Webブラウザーによる操作や遠隔起動もできるリモート操作サービス

     RSUPPORTの「RemoteView」は、リモートデスクトップサービスである。社内のパソコンやモバイル端末などを、インターネットを介してリモート操作できる。例えば在宅勤務時に、オフィスのデスクトップパソコンをどこからでも接続して操作できる。

  • 狭い帯域でも使えることをうたうリモートデスクトップサービス

     スプラッシュトップの「Splashtop Enterprise Cloud」は、リモートデスクトップサービスである。社外のデバイスから社内のデバイスをリモート操作する使い方や、パソコンなどの操作方法が分からないユーザーを遠隔サポートする使い方ができる。