2019年8月2日以前の「製品&サービス:IT」記事一覧はこちら

目次

  • IoTセンサーで生産設備の故障予兆を検知するシステム製品

     日本電子計算の「ParaRecolectar」は、IoTセンサーを利用して生産設備の故障の予兆を検知するシステム製品である。名張ホールディングスが提供するハードウエア(IoTセンサーやコンピューター)に、日本電子計算が開発したIoTデータ分析ソフトを搭載し、システム製品として日本電子計算が販売する…

  • Windowsアプリの操作マニュアルを自動作成するソフト

     テンダの「Dojo 8.00」は、Windowsアプリケーションの操作マニュアルやeラーニングコンテンツを自動で作成できるソフトである。作成できるのは、画面を切り替えながら閲覧するタイプのマニュアルとなる。作成したマニュアルは、OfficeやPDF、HTML5、動画など全12形式で出力できる。

  • OSSを使って最短1週間でWeb会議システムを構築するサービス

     デージーネットの「Web会議システム構築サービス」は、Web会議システムを構築するSI(システム構築)サービスである。社内やデータセンターなど任意のシステム環境でWeb会議システムを運用でき、機密情報や個人情報をやり取りする場合でも安全にWeb会議を行える、としている。

  • 磁気テープがS3互換オブジェクトストレージになるソフト

     富士フイルムの「FUJIFILMオブジェクトアーカイブ」は、磁気テープをAmazon S3互換のオブジェクトストレージとして利用できるようにするソフトだ。大容量データをオンプレミス環境で安価に管理できる。

  • 閉域網で企業にVPN接続できるSIM付きのテレワークパソコン

     NTTコミュニケーションズの「テレワーク用パソコン」は、企業にVPNで接続するためのモバイル通信サービスをセットにした、テレワークに適したノートパソコンである。携帯電話網から企業に直接接続できるモバイル通信サービス「Arcstar Universal Oneモバイル」のSIMカードが付属する。

  • Telnet/SSHログインを仲介するゲートウエイソフト

     セイコーソリューションズの「SmartGS」は、サーバー機やネットワーク機器へのリモートアクセスを仲介するゲートウエイソフトである。Web型の端末エミュレータを使う方法と、手元のTelnet/SSHクライアントを使う方法のいずれかでアクセスできる。

  • マスクを着用したままでも利用できる顔認証ソフト

     リアルネットワークスの「SAFR 2.0」は、画像認識を利用した顔認証ソフトである。顔認証の精度の高さをうたっている。現行版は、感染症対策でマスクを着用している人に対しても顔認証を実施できるようにしている。マスク着用時の顔画像を登録しておけば、マスクを外さずにセキュリティーゲートを通過できる。

  • 金融特化タイプなども用意したWeb API型の音声認識エンジン

     アドバンスト・メディアの「AmiVoice Cloud Platform」は、Web APIとして利用できる音声認識エンジンである。Web APIを呼び出すだけで利用でき、アプリケーションに音声認識機能を簡単に組み込める。

  • UiPathからWeb APIでS/4HANAを操作するコンポーネント

     TISの「SAP S/4HANA向けRPA汎用コンポーネント」は、ERPソフト「SAP S/4HANA」のデータを、RPAソフト「UiPath」で簡単に扱えるようにするデータ連携ソフトである。ERPへのデータの登録や更新、取得といった操作を、RPAで自動化する手助けをする。

  • 企業間で安全にファイルをやり取りするクラウドサービス

     日本ワムネットの「GigaCC」は、企業間でファイルをやり取りするためのクラウド型ファイル転送サービスである。クラウド上でファイルを共有する使い方と、ファイルのダウンロードURLをメールで通知する使い方ができる。

  • Google Cloud上のサーバーを対象とした監視・運用サービス

     アイレットの「GCPサーバー監視・運用サービス」は、Google Cloud Platform(GCP)の上で稼働するサーバーを対象とした、運用監視サービスである。メニューは大きく、監視サービスと運用サービスに分かれる。

  • SD-WANで運用を簡素化した、拠点間の閉域接続サービス

     NTT東日本の「Managed SD-WAN」は、拠点間を閉域網で接続するVPNサービスである。SD-WAN技術を使って、拠点に設置するエッジルーターの運用負荷を軽減した点が特徴だ。アクセス回線として、フレッツ光ネクストの全品目と、指定したモバイル回線を利用できる。

  • EDRソフトの運用を1台250円で代行するサービス

     大塚商会の「らくらくEDR」は、EDRの運用を代行するサービスである。EDRのソフトウエアを提供するとともに、大塚商会のセキュリティーオペレーションセンターがソフトウエアの運用を代行する。

  • Webアクセスをコンテンツ変換で無害化するクラウドサービス

     日本プルーフポイントの「Proofpoint Browser Isolation」と「Proofpoint Email Isolation」は、Webアクセスを無害化するクラウドサービスである。Webページに含まれるコードを除去する手法によって、Web閲覧やWebメールを介したマルウエア感染を防ぐ…

  • Active Directoryの統合運用管理ソフト

     ゾーホージャパンの「ManageEngine AD360」は、Active Directory(AD)の統合運用管理ソフトである。ADの運用管理に必要な機能を包括的に提供する。業務工数の削減とセキュリティー対策を主眼としている。

  • 仮想デスクトップ「Amazon WorkSpaces」の導入支援

     サーバーワークスの「リモートワーク導入支援」は、DaaSの「Amazon WorkSpaces」の導入を支援するサービスである。仮想デスクトップ1台から利用でき、マシンスペックの増減もできる。

  • 故障時の製品交換を含むネットワーク機器のレンタルサービス

     ネットワンネクストの「スペックレンタルサービス」は、故障時の製品交換サービスを付帯したネットワーク機器のレンタルサービスである。数年単位の長期にわたる利用も可能だ。

  • 就業時間外のPC利用を抑止する自動シャットダウンソフト

     日立ソリューションズの「PC自動シャットダウンシステム」は、就業時間外のパソコンの利用を抑止する製品である。あらかじめ設定した時刻にパソコンを自動的にシャットダウンする。これにより、時間外労働を抑制する。

  • 生産現場のセンサー情報をクラウドで可視化するシステム一式

     NECソリューションイノベータの「NEC IoT センサデータ可視化サービス」は、生産現場のセンサーデータをクラウド上に自動収集し、ダッシュボードで可視化するサービスである。現場のネットワーク構成に手を入れることなく導入できる。

  • 「インターネットブレイクアウト」ができるデバイス制御ソフト

     日立ソリューションズの「秘文 Device Control」は、クライアントPCやサーバー機において、機密情報の漏洩を防止するソフトである。デバイスの利用を制御したり、接続先ネットワークを制御したりする。