2019年8月2日以前の「製品&サービス:IT」記事一覧はこちら

目次

  • 情報システムをエージェントレスで監視できるクラウドサービス

     米LogicMonitorの「LogicMonitor」は、サーバー/ストレージやネットワーク機器などをエージェントレスで監視できるクラウド型のシステム監視サービスである。社内LAN上の1台のパソコンやサーバーに専用の監視モジュール「Collector」(Javaで動作)をインストールして監視対象…

  • 卸・商社などに向くB2B企業向けの電子商取引システム

     日立ソリューションズの「BtoB向けECシステム」は、卸・商社などのBtoB企業に向いた、EC(電子商取引)アプリケーションである。基幹システムのデータとリアルタイムに連携させることにより、受注から出荷までのリードタイムを短縮する。

  • シャットダウンなしで安全に電源をオフにできる組み込み用PC

     コンテックの「ボックスコンピュータ BX-T210」は、産業機器のコントローラ装置や操作端末などの用途に向いた、組み込み用途のパソコンである。使用温度環境や耐振動性などにおいて、過酷な環境でも動作するスペックを備えている。

  • オンライン会議を音声/テキスト/画像でまるごと記録するクラウドサービス

     リコーの「toruno(トルノ)」は、オンライン会議やウェビナー(Web配信コンテンツ)をまるごと記録して後から利用できるクラウドサービスである。音声、音声認識による文字起こしテキスト、画像キャプチャーをクラウド上で記録する。議事録の作成や動画の文字起こしなどの作業を支援する。

  • りん議申請のWeb画面にUIを重ねてAIが入力を補助するツール

     NTTテクノクロスの「BizFront/SmartUI Decision Manager」は、経費申請などのりん議書をWeb画面で入力する際に、申請書の書き方や注意事項をその都度リアルタイムに提案してくれるソフトである。選択肢の中からテンプレートを選んで手直しするだけで、社内ルールにのっとった書式…

  • オンライン商談を音声認識で可視化して評価分析するサービス

     東芝デジタルソリューションズの「RECAIUS セールスコミュニケーションプラス」は、Web会議システムを活用したオンライン商談の内容を、音声認識によってテキスト化するクラウドサービスである。ZoomやTeamsなど、Web会議システムの種類を問わずに利用できる。

  • 監視エージェントを導入するだけで使えるリモート監視サービス

     インテックの「EINS/MCS MIRMO」は、オンプレミスやクラウドなどの環境を問うことなく、ユーザー企業のITシステムをリモートで監視するサービスである。監視対象システムと監視センターは、閉域網やインターネットVPN(IPsec)などを介して接続する。

  • OpenVINO搭載で製造業の製品検査に向いたエッジPC

     日立製作所の「CEシリーズ 組み込みAIモデル」(製品の名称は「CE50-10A」)は、製造業の製品検査などに利用することを想定したエッジコンピュータである。深層学習による画像解析の推論基盤として、ソフトウエア開発環境/ライブラリであるOpenVINOツールキットをプリインストールしている。

  • 仮想NICでVPNセッションを維持する“切れない”VPNソフト

     米NetMotion Softwareの「NetMotion」は、ネットワークの瞬断や無線LAN/モバイル回線の切り替えがあってもVPNセッションが切れないことをうたうVPNソフトである。アクセス回線に起因してIPアドレスが変わった場合でも、アプリケーションから見たIPアドレスが変わらないようにし…

  • VDIに必要なサーバー資源のサイジングを支援するサービス

     インターネットイニシアティブの「IIJ仮想デスクトップサービス/アセスメント」は、VDI(デスクトップ仮想化)システムの導入にあたって、システムのサイジング(容量設計)を支援するアセスメントサービスである。

  • IoT機器のシリアル接続をBluetooth無線化してキーボード入力

     ラトックシステムの「REX-BT60HID」は、RS-232Cインターフェースを備えたシリアル通信装置からBluetooth接続を介してWindowsパソコンやスマートフォンに直接データを入力できるアダプター装置である。Windowsパソコンなどに対してはHIDキーボードイベントとしてデータを出力…

  • 中小規模企業に向いた弁当箱サイズのUTM機器

     ヤマハの「UTX100」と「UTX200」は、中小規模の企業に向いた弁当箱サイズのUTM(統合脅威管理)機器である。中小規模の企業が必要とする主要なセキュリティ機能を1台でカバーする。ルーターまたはブリッジとして運用できる。

  • アプリケーションにOCR機能を組み込めるクラウド型APIサービス

     東芝デジタルソリューションズの「AI OCR文字認識サービス」は、クラウド型で使えるOCR(光学文字認識)サービスである。OCR機能をWeb APIの形で提供する。開発中のアプリケーションにAPIを組み込むことによって、アプリケーションの中でOCR機能を利用できる。

  • 「後で読む」機能で対応し忘れを防ぐビジネスチャットソフト

     ネオジャパンの「ChatLuck」は、ビジネス用途に向いたチャットソフトである。Webブラウザー(HTML5)やスマートフォン/タブレット専用アプリ(iOS/Android)を介して利用する。SaaS版とオンプレミス版がある。

  • 日本特有の申請・承認プロセスを実装できるワークフローソフト

     Winテクノロジの「Smart Workflow」(売り切り版)と「Smart Workflow Cloud」(Azure上で動作するクラウドサービス版)は、申請/承認ワークフローソフトである。「差し戻し」や「取り戻し」といった、日本特有の申請・承認プロセスをカバーしている。

  • リストバンド型センサーで社員の心的ストレスを調べるサービス

     NTTPCコミュニケーションズの「みまもりがじゅ丸」の「オフィスタイプ」は、リストバンド型バイタルセンサーで測定した脈拍(心拍)数と体温によって、リモートワークをしている社員の心的ストレスをチェックするサービスである。

  • Webアプリ/Excel操作をサーバーだけで完結できるRPAソフト

     RPAテクノロジーズの「BizRobo!」はRPAツールである。サーバー型の「BizRobo! Basic」とデスクトップ型の「BizRobo! mini」がある。さらに、サーバー型のBizRobo! Basicの廉価版として同時稼働ロボットの数を抑えた製品や、クラウド型で提供するサービスもある。

  • Androidを搭載し単独で動作するビデオ会議デバイス

     ロジクールの「Rally Bar」は、会議室に設置するだけで単独で動作するビデオ会議システムである。形状は長さ91センチメートルの棒状で、マイク/スピーカーとカメラを一体型としたデバイスにAndroidコンピュータを内蔵している。Android上でZoomやTeamsなどが動作する。

  • IoTセンサーデータの管理に特化した時系列データベース

     米InfluxDataの「InfluxDB」は、IoTセンサーデータなどの大量の時系列データを蓄積・活用する用途に特化したデータベースサーバーソフトである。無償で使えるオープンソース版のほかに商用版がある。

  • 複数ロボットの統制に注力したガバナンス重視のRPAソフト

     Blue Prismの「Blue Prism」は、RPAツールである。開発したロボットをサーバー上で一元管理するサーバー型のRPAツールであり、金融機関などのガバナンス(統治)を要求する大企業に向けて、複数ロボットの統制管理機能に注力している。