企業のIT管理者を対象としたアンケートを2019年9月に実施して515社から有効回答(出所:IDC Japan「国内DevOpsに関するユーザー調査」、2019年11月28日)
[画像のクリックで拡大表示]

 IDC Japanが企業のIT担当者を対象に、社内システムの開発を継続しながら運用チームと連携して改善を進める「DevOps」の実践状況を調査したところ、DevOpsを実践している企業は35.7%となり、2018年9月に実施した前回調査から7.6ポイント増加した。

 「IT組織全体で実践している」という企業は18.4%、「一部の部門/プロジェクトで実践している」は17.3%だった。同社は年間売上高が20%以上成長している企業の56.5%が実践しており、ビジネスに貢献しているという。