(出所:ガートナー ジャパン「ガートナー、『企業のデジタル化をリードしているIT部門は約2割』との調査結果を発表」、2020年12月7日)
[画像のクリックで拡大表示]

 ガートナー ジャパンが国内の年商1000億円以上の企業のCIO(最高情報責任者)やITリーダーを対象に実施した調査において、自社のデジタル化にIT部門が「関与しており、取り組みをリードしている」と回答した割合は23%にとどまった。「関与しているが、リードはしていない」という企業が40%で、「関与していない/分からない」も37%あった。結果として8割近くの企業で、IT部門が自社のデジタル化を推進する旗振り役になっていない実態が浮かび上がった。