(出所:矢野経済研究所「2021 社会インフラ向けICT市場の実態と展望 ~次世代型の社会インフラITソリューションシフトが進む社会インフラIT~」、2021年12月21日)
(出所:矢野経済研究所「2021 社会インフラ向けICT市場の実態と展望 ~次世代型の社会インフラITソリューションシフトが進む社会インフラIT~」、2021年12月21日)
[画像のクリックで拡大表示]

 矢野経済研究所がまとめた「2021 社会インフラ向けICT市場の実態と展望 ~次世代型の社会インフラITソリューションシフトが進む社会インフラIT~」によると、2020年度の社会インフラIT市場規模(インフラ運営事業者の発注金額ベース)は前年度比2.9%減の5948億円だった。新型コロナウイルス感染拡大の影響により、2017年度以来の前年度割れとなった。2021年度の社会インフラIT市場規模は前年度比10.2%減の5340億円になる見込みだ。