(出所:ICT総研「「2021年 タクシー配車アプリ利用動向に関する調査」、2021年2月4日)
[画像のクリックで拡大表示]

 ICT総研の「2021年 タクシー配車アプリ利用動向に関する調査」によると、国内におけるタクシー配車アプリの利用者数(ユニークユーザー数)は2020年末時点で858万人だった。運転手の高齢化などを背景にタクシーの車両台数は全国的に減少しているものの、今後も配車アプリの普及やサービス登録車両の増加傾向が続き、市場が拡大するという。ICT総研では、利用者数は2021年末に1110万人、2022年末に1346万人、2023年末には1573万人に達すると予測している。