(出所:矢野経済研究所「データ分析関連人材規模に関する調査を実施(2020年)」、2021年1月27日)
[画像のクリックで拡大表示]

 矢野経済研究所が2020年10~12月に実施した調査によると、データサイエンティストに代表されるデータ分析関連人材は2020年度に8万9800人に達する見通しだ。2023年度には141900人に増えると同社は予測している。データを経営の意思決定に生かす「データドリブン経営」を掲げるユーザー企業や、大手IT企業などが、優秀な人材の確保や育成を急いでいる。加えて教育事業者も研修プログラムを拡充し、データサイエンティストなどの育成を後押ししているという。