中小企業の経営者・役員825人に2019年11月12日~15日にインターネット調査。(出所:日本損害保険協会「中小企業の経営者のサイバーリスク意識調査2019」、2020年1月28日)
[画像のクリックで拡大表示]

 日本損害保険協会がまとめた「中小企業の経営者のサイバーリスク意識調査2019」によると、自社がサイバー攻撃の対象となる可能性を認識している中小企業は1割未満だった。中小企業の4社に1社はサイバー攻撃への備えがないという。

 サイバーセキュリティー対策が進んでいない中小企業は取引先企業を狙ったサイバー攻撃の足がかりとして狙われる可能性が高い。しかし経営者の多くがサイバー攻撃による具体的な被害をイメージできていないという。