(出所:矢野経済研究所「2022テレワーク時代の経費精算と複合機連携」、2022年2月28日)
(出所:矢野経済研究所「2022テレワーク時代の経費精算と複合機連携」、2022年2月28日)
[画像のクリックで拡大表示]

 矢野経済研究所は「2022テレワーク時代の経費精算と複合機連携」のなかで、2021年度の経費精算ソリューション市場(事業者売上高ベース)について前年度比42.0%増の219億3000万円と予測した。テレワーク対応やペーパーレス化に加え、2022年1月施行の改正電子帳簿保存法により、経費精算に関わる企業のIT投資が加速しているという。この状況は継続する見込みで、矢野経済研究所は2022年度の同市場規模を同41.9%増の311億2500万円と予測する。