2020年3月2日~8日にインターネットでアンケートを実施し、1万5597社から回答。(出所:東京商工リサーチ「第2回新型コロナウイルスに関するアンケート調査」、2020年3月12日)
[画像のクリックで拡大表示]

 東京商工リサーチの「第2回新型コロナウイルスに関するアンケート調査」によると、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため在宅勤務を実施した企業は1万5597社中2759社の17.69%と、2割に満たなかった。

 企業規模別では大企業の2759社中946社に当たる33.7%が「実施した」と回答したのに対し、中小企業は1万2838社中1813社の14.1%にとどまった。政府は企業に在宅勤務などを要請しているものの、大企業と中小企業では実施率に倍以上の差があるという。