(出所:MM総研「都道府県立高校における端末配備状況調査(2021年3月時点)」、2021年4月13日)
[画像のクリックで拡大表示]

 MM総研がまとめた調査によると、公立高校の生徒に対するパソコン端末の配備率は2021年3月時点で約4割にとどまった。調査に回答した40都道府県のうち、端末を配備済みか配備する予定があると答えたのは37都道府県あり、合計台数は67万8829台だった。これらの自治体の全生徒数は155万1642人であるため、37都道府県の配備率は43.7%となった。政府の「GIGAスクール構想」の下で2021年度に1人1台での授業が本格化した小中学校に比べ、大幅に遅れている状況だ。