(出所:MM総研「国内MVNO市場調査(2021年3月末時点)」、2021年6月24日)
(出所:MM総研「国内MVNO市場調査(2021年3月末時点)」、2021年6月24日)
[画像のクリックで拡大表示]

 MM総研がまとめた調査によると、独立系MVNO(仮想移動通信事業者)の契約回線数は2021年3月末時点で1261万6000件だった。前年同期比で15.9%減少した。携帯電話の全契約回線数に占める割合は前年同期比1.5ポイント減の6.7%。大手の値下げやサブブランド攻勢、シェア上位の楽天モバイルが自社回線への切り替えを促していることなどが響いた。今後もスマートフォン向けは苦戦するがIoT向け回線の需要が伸び、2022年3月末には1390万回線に増える見通し。