クラウドサービス利用企業を対象に2020年5月8~14日にインターネットでアンケート。有効回答数は1897件。大企業(従業員250人以上)が1403社、中小企業(従業員10人以上250人未満)が494社。(出所:MM総研「クラウドサービス利用企業1897社調査」、2020年6月1日)
[画像のクリックで拡大表示]

 MM総研がクラウドサービスを利用している企業を対象に「新型コロナウイルスの自社IT投資への影響」を聞いたところ、新型コロナウイルス感染症の影響で自社IT投資を「増やす」「やや増やす」とした回答の合計が41%となった。「やや減らす」「減らす」の合計18%を大きく上回った。「影響なし」は41%だった。

 緊急事態宣言が解除されて経済活動が徐々に再開しているなかで、企業の変革を促す必須のツールとしてIT活用を位置付ける企業が多いという。