国内企業の最高情報責任者(CIO)を対象に2020年5月9~19日にWebアンケート。有効回答数は69社。2019年度売上高1000億円~3000億円未満が7社、3000億円~6000億円未満が17社、6000億円~1兆円未満が11社、1兆円以上が34社。回答の上位5項目を抜粋。(出所:野村総合研究所「新型コロナウイルス影響に関するCIO調査」、2020年6月4日)
[画像のクリックで拡大表示]

 野村総合研究所が大企業のCIO(最高情報責任者)に調査したところ、新型コロナウイルスによる影響でIT投資を増やす意向が最も多い分野は働き方改革だった。ただ、障壁になっているのは「過去からの慣例」という回答が最も多い。

 働き方改革の具体策は「ペーパーレス化」「リモートワーク化」「採用のデジタル化」「押印処理のデジタル化」「セキュリティー対策の導入・見直し」、「ネットワークの見直し」で、ITに対する意識改革の絶好のチャンスという。