全国20歳以上のヴァリューズモニターを対象に2019年5月31日~6月5日にアンケートを実施し、性年代別人口とネット利用率に合わせてウェイトバック集計。回答者は1万38人。利用経験は複数回答、最も利用は単一回答。(出所:ヴァリューズ「キャッシュレス決済サービスに関するアンケート」、2019年8月23日)
[画像のクリックで拡大表示]

 インターネットの行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを手掛けるヴァリューズがまとめた「キャッシュレス決済サービスに関するアンケート」によると、店頭で利用経験があるキャッシュレス決済で最も多かったのは「クレジットカード」の86.7%で、利用頻度もトップだった。

 QRコード決済アプリは24.9%と、4人に1人が利用経験ありと回答したが、「現在最も利用している」という割合は約5%にとどまった。