ネットユーザーの8割超がSNS利用 サービス利用率トップはLINE

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
SNS運営会社、関連企業への取材結果に加えて、2020年7月にインターネットユーザー4400人にWebアンケート調査。(出所:ICT総研「2020年度SNS利用動向に関する調査」、2020年7月29日)

 ICT総研の調査によると国内のSNS(交流サイト)利用者は2020年末に国内ネットユーザーの80.3%を占める7975万人に達する見通しだ。

 2019年末の国内ネットユーザーは9960万人と推定され、そのうちSNS利用者(アクティブユーザー)は78.2%に当たる7786万人という。2020年の年間純増者数は189万人となる見込みで、利用者は毎月平均で約16万人ずつ増加している。

 SNS利用者はもともと20歳代以下の若年層が多かった。現在は40歳代以上の利用者が増加しており、このまま普及が進めば2022年末にはネットユーザー全体の83.3%、利用者数は8241万人に達する見通しという。

 ICT総研が2020年7月に4400人を対象に実施したアンケート調査でサービス利用率がトップだったのはLINEで、77.4%が利用していた。次いでTwitterが38.5%、Instagramが35.7%、YouTubeが23.2%、Facebookが21.7%だった。TikTokは8.1%、Skypeが7.1%だった。

 2019年に比べるとTikTokの利用率は1ポイント増加してSkypeの利用率を上回った。Instagramの利用率はほぼ横ばいだった。利用する理由のトップは「知人の近況を知りたい」が43%、次いで「人とつながっていたい」といったコミュニケーションを求める理由が33%だった。

 LINEやTwitter、YouTube、Instagram利用者はスマートフォン普及とともに利用者数や利用時間が増えている。しかしパソコンでの利用者が多いFacebookの利用時間はそれほど伸びていないという。