開発遅延を抑制 「リモート作業で」が5割超

国内のユーザー企業においてシステムの構築や導入、保守、サービス委託先の選定に関与している担当者を対象に2020年4月実施したインターネット調査(有効回答400社)。(出所:ガートナージャパン「国内企業のソーシングに関する調査結果」、2020年8月17日)
[画像のクリックで拡大表示]

 ガートナージャパンの調査によると、情報システムの開発や運用保守を外部に委託するITアウトソーシングの実施企業のうち4割超に、新型コロナ禍に伴う工期遅延が発生した。その対策として「一部作業のリモートへの切り替え、自動化、作業の縮退などの代替策の導入」を進めている、と回答した企業は54%に上った。「既存の外部委託取引における作業体制/作業環境の棚卸し」など、リモート化や自動化が可能な作業を特定するための活動に取り組む企業も38%に達した。