[画像のクリックで拡大表示]
全国の20~50歳代のビジネスパーソン369人を対象として、2021年6月30日~7月5日にインターネットで調べた。(出所:木村情報技術「企業のDXとウェビナーに関する調査」、2021年7月15日)
全国の20~50歳代のビジネスパーソン369人を対象として、2021年6月30日~7月5日にインターネットで調べた。(出所:木村情報技術「企業のDXとウェビナーに関する調査」、2021年7月15日)
[画像のクリックで拡大表示]

 木村情報技術は「企業のDXとウェビナーに関する調査」をまとめた。それによると、新型コロナウイルス禍の前後の働き方を比較して最も変化があったのは「社内会議のオンライン化」で、回答全体の59.3%に上った。

 それに「リモートワークやテレワークが導入された」(51.2%)、「社外の会議や打ち合わせをオンライン上で行うようになった」(40.7%)が続いた。一方、「フレックスタイム制が導入された」と「副業を始めた」は10%前後にとどまった。

 商談や自社が実施する発表会を対象に、オンラインと対面とどちらが良いか聞いたところ、商談で69.4%、発表会では71.4%が「オンライン」と回答した。

 対面よりオンラインの方が良いとした理由は、「遠隔地との通信ができる」と「移動時間を短縮できる」で共に67.5%の回答を集めた。以下、「一つの会場から全国に情報を配信できる」(65.0%)、「経費を抑えられる」(60.0%)、「会場に入れる人数を抑えられる(感染症対策)」(40.0%)の順となった。

 さらに正しいオンライン配信のコツについて、正しいと思うことも尋ねた。「配信時の画質はカメラの性能に比例する(答え:○)」は正解率67.8%、「ウェビナーはWebとセミナーを組み合わせた造語(答え:○)」は同65.3%、「マイクはできるだけスピーカーの近くで使用したほうがいい(答え:×)」は同73.7%となった。

 木村情報技術は「オンライン配信のノウハウは浸透しつつあるが、ノウハウ不足を課題に感じている企業も多い」と分析する。