[画像のクリックで拡大表示]
(出所:矢野経済研究所「2019年のERPパッケージ市場」、2020年9月7日)
[画像のクリックで拡大表示]

 矢野経済研究所がまとめた国内ERP(統合基幹業務システム)パッケージの市場規模調査によると、2019年の売上金額は前年同期比7.0%増の1198億3000万円だった。デジタルトランスフォーメーション(DX)を推進する企業が増えたことで需要が拡大した。

 今後の焦点は、新型コロナウイルスの影響に伴ってユーザー企業のIT投資動向がどう変化していくかだ。矢野経済研究所によれば、2020年上期(1~6月)におけるERPパッケージ市場への影響は軽微だったという。加えて2019年までに受注した案件への対応もあり、2020年の市場規模を前年同期比3.6%増の1241億6000万円になると同社は予測している。

 中長期的には様々な業種で一層の業績悪化が見込まれ、企業のIT投資意欲が減退する可能性もある。一方で基幹システム刷新の需要は底堅く、また、ニューノーマル(新常態)に対応するためにDXの必要性が一段と高まり、ERP刷新に取りかかる企業も多い、と矢野経済研究所はみている。このため2008~2009年のリーマンショック後のような大幅な落ち込みには至らず、2021年の市場規模は前年同期に比べて2.7%減に留まる見込みである。

 ERPの提供形態別に分類すると、パッケージソフトをオンプレミスで運用する形態のシェアは年々減少しており、クラウド上で運用する形態が急増している。2018年に28.8%だったクラウド運用型は2019年に38.3%と、9.5ポイント上昇した。2021年にはクラウド運用型がオンプレミス型を上回り、ERPパッケージ市場の63.5%を占める見通しだ。