インターネットユーザー1万708人にWebアンケート。調査期間は2020年8月19日~20日。(出所:ICT総研「2020年8月 マイナポイント利用状況に関する調査」、2020年8月31日)
[画像のクリックで拡大表示]

 政府が推進する「マイナポイント」の認知度・理解度についてICT総研が2020年8月下旬に調査したところ、「内容を把握している」との回答は36.8%だった。6月に実施した前回調査の14.1%から急増した。一方「聞いたことがない」は前回の47.3%から12.5%に減少した。マイナポイントの申し込み手続きが7月1日に始まり、消費者がPR活動を目にする機会が増えたことが背景にあるという。ただし、実際にマイナポイント制度を申し込んだ回答者は全体の16.6%にとどまった。