首都圏、関西圏、中京圏、宮城県、福岡県で働く一般従業員500人に調査(出所:WeWork Japan「コロナ禍長期化における働き方意識調査」、2021年9月9日)
首都圏、関西圏、中京圏、宮城県、福岡県で働く一般従業員500人に調査(出所:WeWork Japan「コロナ禍長期化における働き方意識調査」、2021年9月9日)
[画像のクリックで拡大表示]

 WeWork Japanがまとめた「コロナ禍長期化における働き方意識調査」によると、仕事の生産性が最も高まる場所の選択肢は「本社オフィスと自宅(在宅勤務)」が全体の38.4%で首位。それに、「本社オフィスのみ」の25.6%、「本社オフィスと自宅、その他のスペース」の18.2%が続いた。同社は「一般従業員の半数以上が、働く場所の選択肢があることは生産性向上につながると考えている」と分析する。また、回答者の81%が働き方の裁量権を持ちたいと考えていることも分かった。