ナイルがまとめた「キャッシュレス決済の利用に関するアンケート」によると、2019年10月の消費税率引き上げをきっかけに普段の支払い手段でキャッシュレス決済の利用を始めたのは14.7%だった。普段の支払いで「現金」を使う割合は48.4%を占めた。

[画像のクリックで拡大表示]
スマートフォンユーザー向けアプリ紹介サービス「Appliv(アプリヴ)」で2019年10月11日~18日に無作為抽出の20~70歳代の男女1075人を対象にアンケートを実施。https://mag.app-liv.jp/archive/125154/ 少数点以下任意の桁を四捨五入し、合計が100%にならない場合がある。(出所:ナイル アプリ紹介サービス「Appliv(アプリヴ)」、「キャッシュレス決済の利用に関するアンケート調査」、2019年11月2日)
[画像のクリックで拡大表示]

 普段の支払いで現金に続いて多いのは「クレジットカード」の34.0%、カード型電子マネーが6.0%、QRコード・バーコード型スマホ決済(コード型スマホ決済)が4.9%だった。全体の半数以上が何らかのキャッシュレス決済を普段から利用している。

 年齢層別の支払い手段を見ると、20~30歳代は現金の割合が他の年代よりもやや多く、高年齢層は「クレジットカード」の利用率が高い。コード型スマホ決済の利用率が最も高いのは40歳代の7.8%だが、コード型と非接触型を合わせたスマホ決済全体では20歳代が11.3%を占め、最もスマホ決済を利用している。

 20歳代は増税のタイミングでキャッシュレス決済の利用を始めたという割合が最も高い一方で、キャッシュレス決済を利用したことがないという回答も最多となり、二極分化している。

 増税を機にキャッシュレス決済の利用を始めたものの、全体の3.5%は既に使わなくなったと回答した。また全体の16.9%がどのキャッシュレス決済も利用したことがないという。

 「以前からキャッシュレス決済を利用している」という回答者698人に増税前と増税後のキャッシュレス決済の利用頻度について質問したところ、増税後に利用頻度が増えたと回答した。ポイント還元策などの影響という。