(出所:NTTドコモモバイル社会研究所「一般向けモバイル動向調査」、2019年9月25日/モバイル社会研究所Webサイト http://www.moba-ken.jp/)
[画像のクリックで拡大表示]

 NTTドコモモバイル社会研究所が2019年1月に調査を実施したスマートフォン利用者のMVNO(仮想移動体通信事業者)の利用割合は18.1%だった。

 MVNOは「格安スマホ」「格安SIM」などと呼ばれ、主にスマートフォンやタブレット向けにサービスが提供されて利用率は年々増加している。

 年齢層別に見ると、10~20歳代を除く全年齢層で20%を超え、どの年齢層でも2018年の前回調査よりも利用率が増えた。今後は楽天が移動通信事業者に参入した影響が注目される。