*トラディショナルPC:デスクトップパソコン、ノートパソコン、ワークステーション(出所:IDC Japan「国内PC市場2021年第2四半期の分析」、2021年9月2日)
*トラディショナルPC:デスクトップパソコン、ノートパソコン、ワークステーション(出所:IDC Japan「国内PC市場2021年第2四半期の分析」、2021年9月2日)
[画像のクリックで拡大表示]

 IDC Japanがまとめた「国内PC市場2021年第2四半期の分析」によると、デスクトップパソコンやノートパソコン、ワークステーションから成る「国内トラディショナルPC市場」の出荷台数は、2021年第2四半期(4~6月)に前年同期比17.3%減の328万台となった。メーカー別のシェアでは、レノボ・NEC・富士通グループが36.8%で最も多く、それに日本HPの16.0%、米デル・テクノロジーズの14.1%、米アップルの8.6%、シャープ(dynabook)の7.3%が続いた。