野村不動産ホールディングス傘下の野村不動産と野村不動産ビルディング、そして東日本旅客鉄道(JR東日本)の3社は、共同で推進している国家戦略特別区域計画の特定事業「芝浦1丁目プロジェクト」の事業者として、2021年9月28日に起工式を行い、同年10月1日に着工すると発表した。

東京都港区の「芝浦1丁目プロジェクト」の完成イメージ(資料:野村不動産ホールディングス、JR東日本)
東京都港区の「芝浦1丁目プロジェクト」の完成イメージ(資料:野村不動産ホールディングス、JR東日本)
[画像のクリックで拡大表示]

 このプロジェクトは東京都港区にある浜松町ビルディング(旧・東芝ビルディング)の建て替え事業として、今回着工するS棟と27年度に着工予定のN棟の2つから成る。S棟とN棟の高さは共に約235mで、完成すればツインタワーになる計画だ。竣工はS棟が24年度、全体は30年度を予定している。

高さが約235mのツインタワーを建設する(資料:野村不動産ホールディングス、JR東日本)
高さが約235mのツインタワーを建設する(資料:野村不動産ホールディングス、JR東日本)
[画像のクリックで拡大表示]

 区域面積は約4万7000m2、全体の延べ面積は約55万m2と巨大だ。ツインタワーにはオフィスやホテル、商業施設、共同住宅、駐車場などが入り、完成まで約10年に及ぶ大規模複合開発になる。

計画地はJR浜松町駅に隣接する、山手線沿いの広大な敷地だ(資料:野村不動産ホールディングス、JR東日本)
計画地はJR浜松町駅に隣接する、山手線沿いの広大な敷地だ(資料:野村不動産ホールディングス、JR東日本)
[画像のクリックで拡大表示]
オフィスや商業施設、駐車場に加え、S棟の上層部にはホテル、N棟の上層部には共同住宅が入る予定(資料:野村不動産ホールディングス、JR東日本)
オフィスや商業施設、駐車場に加え、S棟の上層部にはホテル、N棟の上層部には共同住宅が入る予定(資料:野村不動産ホールディングス、JR東日本)
[画像のクリックで拡大表示]

 先に完成するS棟は地下3階・地上43階建て。27年度に着工予定のN棟は地下3階・地上45階建て。S棟の設計は槇総合計画事務所と清水建設、日建設計、アラップ、施工は清水建設が手掛ける。N棟は未定だ。

芝浦1丁目プロジェクトの概要(資料:野村不動産ホールディングス、JR東日本)
芝浦1丁目プロジェクトの概要(資料:野村不動産ホールディングス、JR東日本)
[画像のクリックで拡大表示]

 芝浦1丁目プロジェクトは気候変動に対する緩和策として、街区全体でCO2排出量の実質ゼロを目標に掲げているのも大きな特徴だ。最新の省エネルギー・省CO2技術や、自社施設での創電による再生可能エネルギー、カーボンニュートラル都市ガスの導入などを検討する。

 水害などにも耐えられる性能を備え、都市機能の維持に貢献する。敷地内に防潮板を設置するだけでなく、浸水に備えて重要電気諸施設は地上2階以上に配置する。地下の重要施設には水密扉を設置。内水氾濫対策として、雨水対応の緊急遮断弁を設ける。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。