東京五輪後の解体が決まったJR原宿駅の現駅舎。1924年に建設された。現存する木造駅舎としては都内最古で、関東の駅百選に認定されている。1日の利用者数は約7万5000人(写真:日経アーキテクチュア)

記事へ戻る