横浜スタジアム。横浜DeNAベイスターズ・阪神タイガース戦の3日間を対象に、追加的な予防策を講じたうえで収容率の上限を緩和。10月30日は1万6594人(収容率51%、写真は同日)、10月31日は2万4537人(76%)、11月1日は2万7850人(86%)を動員した。なお、着席時の飛沫感染リスクに関しては、スーパーコンピューター「富岳」で解析する(写真:横浜DeNAベイスターズ)

記事へ戻る