東京地下鉄(東京メトロ)は2019年12月28日の始発から2020年1月2日の終電までの丸6日間、銀座線の一部区間を運休して同線渋谷駅の線路切り替え工事とプラットホームの移設工事を実施する。1月3日の始発から新ホームでの営業運転を始める。

 丸6日間もの長期運休は東京メトロ史上初。総工費約290億円を投じて2009年2月から始まった工事はいよいよ最終盤を迎える。銀座線の終点である渋谷駅のホームを、起点の浅草駅がある東寄りに130mほど移す。

南北に走る明治通りの宮益坂下交差点の北側から南側を見る。左右に延びる高架部分に銀座線渋谷駅の新ホームが移る。同駅は1日に約22万人が利用する。写真左の超高層ビルは渋谷ヒカリエ、右は2019年11月に開業した渋谷スクランブルスクエア。2019年12月25日撮影(写真:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]
渋谷駅東口のバスロータリーから見上げる。銀座線の線路は写真正面の渋谷ヒカリエの脇を通った先でトンネルに入る(写真:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]
宮益坂下交差点から南西側を見る。銀座線渋谷駅の現ホームは写真正面にある東急百貨店の3階部分にある。右奥はJR渋谷駅(写真:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]
2013年の様子。写真右手にある百貨店の建物は現在、既に解体されている。渋谷スクランブルスクエアの姿はまだない(写真:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

 現在のホームは1938年に開業した際、東急百貨店の建物の地上3階に組み入れるように建設された。乗車ホームと降車ホームが線路の両側に分かれた構造でそれぞれ幅3mほどと狭いうえ、バリアフリー化工事なども難しかった。

 100年に一度といわれる渋谷駅周辺の再開発に合わせて、渋谷駅東口のバスロータリーや明治通りの上空に架かる高架上にホームを移設、再整備することにした。百貨店の建物も建て替える。新ホームは乗車、降車を区別しない島式ホームとし、幅も12mに広げる。

着工前(上)と完成時(下)の平面図と縦断図。着工前は鋼桁橋や鉄筋コンクリートのラーメン高架橋だった部分を、2径間の鋼床版箱桁橋に架け替えた(資料:東急建設JV)
[画像のクリックで拡大表示]
新ホームのイメージ。柱のない広々とした空間になる。屋根として架かるM形アーチの側面上部にはアルミパネル、下部にはホームから街を見通せるガラスパネルを取り付ける(資料:東京メトロ)
[画像のクリックで拡大表示]

 銀座線の運休を伴う工事は今回が3回目。2016年11月の1回目の運休では、明治通り上空に位置する線路を浅草方面行き、渋谷方面行きとも南側へ最大3.5mほど横移動。駅部に新たな橋桁を架けるためのスペースを設けた。

 2018年5月の大型連休中に実施した2回目の運休では、浅草方面行きの線路を北側に最大4.6m、渋谷方面行きの線路を南側に最大3.8mそれぞれ横移動させて、新ホームの施工スペースを確保。同時に、線路の一部を最大2m下げて縦断勾配を緩やかにした。
(関連記事:写真で解剖!線路を最大2m下げた銀座線渋谷駅移設工事変貌する都市

2回目の運休で実施した線路切り替えイメージ。浅草方面行きの線路を北側に最大4.6m、渋谷方面行きの線路を南側に最大3.8m移設するなどした(資料:東京メトロ)
[画像のクリックで拡大表示]
2回目の運休で実施した線路切り替え工事の様子を渋谷ヒカリエから見下ろす。写真奥が現在の銀座線渋谷駅。既設の線路は既に撤去され、写真左手に積んだ新しい線路を写真中央に見える鋼床版の左右に敷設していった。2018年5月撮影(写真:大村 拓也)
[画像のクリックで拡大表示]
渋谷ヒカリエの北側から線路切り替え工事を見る。左奥に施工中の渋谷スクランブルスクエアも見える。2018年5月撮影(写真:大村 拓也)
[画像のクリックで拡大表示]

 3回目となる今回の運休では、前半の3日間で現ホーム寄りの線路について、浅草方面行きを北側に、渋谷方面行きを南側にそれぞれ横移動。後半の3日間で空いたスペースに新しいホームを施工する。

3回目の運休で実施する線路切り替えとホーム移設のイメージ(資料:東京メトロ)
[画像のクリックで拡大表示]
3回目の運休で実施する工事の内容(資料:東京メトロ)
[画像のクリックで拡大表示]

試行錯誤したM形の鉄骨アーチ

 新ホームの屋根として、滑らかなM形の曲線を描く白色の鉄骨アーチが架かる。アーチの上部には今後、「スカイデッキ」と名付けた通路を設置する計画だ。

 屋根は当初、門形ラーメンの断面で検討していた。しかし、明治通りなどの上空に四角い筒が現れると、地上から見上げたときの圧迫感が大きい。アーチ状の断面にすると圧迫感は抑えられるものの、スカイデッキとアーチとの接触面が小さくなり、スカイデッキを構造的に支えづらくなる。圧迫感が小さく、スカイデッキを支えやすい構造として、M形のアーチが採用された。

新ホームの上に架かるM形の鉄骨アーチ(写真:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]
M形の鉄骨アーチの施工中の様子を宮益坂下交差点から見る。明治通り上空の作業構台で溶接して組み立てた鉄骨アーチをレールに載せ、ウインチで銀座線渋谷駅の現ホーム方向に順に送り出した。2019年1月撮影(写真:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]
上から順に、当初の門形ラーメン案、アーチ案、採用が決まったM形アーチ案(資料:東京メトロ)
[画像のクリックで拡大表示]

現降車ホームを通って新ホームへ

 銀座線渋谷駅のホーム移設後は、渋谷ヒカリエの横に新設する明治通り方面改札口を通って新ホームに上がることができる。明治通りの下にある東京メトロ副都心線や東急東横線の渋谷駅からは、このルートが便利だ。JRや東急田園都市線、京王井の頭線などの渋谷駅からは、銀座線の現降車ホームなどを通って新ホームにアクセスできるようになる。

ホーム移設後の乗り換え動線(資料:東京メトロ)
[画像のクリックで拡大表示]
渋谷スクランブルスクエア側から新ホームができる銀座線の高架を見る。正面奥は渋谷ヒカリエ。2019年12月25日撮影(写真:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]
渋谷スクランブルスクエアと渋谷ヒカリエをつなぐ通路のガラス越しに、新ホームの施工現場を間近に眺められる(写真:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]
明治通り側コンコースのイメージ。エスカレータを上がると銀座線渋谷駅の新ホームに出る。東京メトロは新ホームの完成後、2020年度内に地上から新ホームへのエレベーターやホームドアを設置する。ホーム上にトイレも整備する計画だ(資料:東京メトロ)
[画像のクリックで拡大表示]
新しくできる明治通り方面改札口のイメージ(資料:東京メトロ)
[画像のクリックで拡大表示]
明治通り方面改札口の施工中の様子。真上に新ホームができる。コンクリートの表面にはスギ板模様を施した。2019年12月25日撮影(写真:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]
東急百貨店の建物内にある現降車ホームの改札口。新ホームの完成後はこの付近から現降車ホームに入り、新ホームへ向かえるようになる(写真:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]
2019年12月28日から2020年1月2日までの銀座線の運休区間(上)と迂回経路。渋谷駅の隣にある表参道駅には線路の折り返し設備がない。浅草駅を出発した列車は設備のある溜池山王駅で折り返すことで、運転本数を確保する(資料:東京メトロ)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。