東急を代表企業とする「しぶきたパートナーズ」は2021年2月26日、東京都渋谷区の公園で初となるPark-PFI(公募設置管理制度)事業の指定管理者として運営する「渋谷区立北谷(きたや)公園」を、同年4月1日にリニューアルオープンすると発表した。公園の面積は約960m2で、広場や植栽、ベンチ、照明を再整備する他、新たに地上2階建ての施設ができる。同月28日にカフェが開業する予定だ。

2021年4月にリニューアルオープンする「渋谷区立北谷(きたや)公園」のイメージ(資料:東急、CRAZY AD、日建設計)
[画像のクリックで拡大表示]

 渋谷区は20年8月に指定管理者を公募し、同年12月25日にしぶきたパートナーズを選定した。しぶきたパートナーズは東急が代表企業で、他に広告やイベント企画などを手掛けるCRAZY AD(東京・渋谷)と日建設計の3社で構成する。指定管理期間は、21年4月1日から25年11月30日までの4年8カ月間。

 植栽や施設の維持管理を行い、区内の憩いの場として安全・安心な公園環境を提供する。北谷公園はこれまで、自転車やバイクの駐輪や短時間の休憩利用が主体だったという。緑や建物、ベンチなどの再整備で、にぎわいを創出する。東急が全体を統括し、CRAZY ADが広場運営、日建設計が特定公園施設や公募対象公園施設の設計業務や竣工後の地域連携業務を担う。

北谷公園でのイベントイメージ(資料:東急、CRAZY AD、日建設計)
[画像のクリックで拡大表示]

 北谷公園は渋谷駅前のスクランブル交差点から代々木公園に抜ける「渋谷公園通り」の坂を上ったエリアに位置する。ただし、渋谷公園通りから細い路地を1本入るため、通りからは公園がほとんど見えない。周囲には低・中層の建物が立ち並び、アパレル店や飲食店、住宅などが入居する。LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)や大型商業施設「渋谷PARCO」などが徒歩3分圏内の近さにあるが、北谷公園は人が少なく、ゆっくりくつろげる大都市の隙間のような場所だ。

北谷公園の位置。渋谷公園通りを上った右手に隠れるようにある(資料:東急、CRAZY AD、日建設計)
[画像のクリックで拡大表示]

 公園は現在工事中で、全体を囲いで覆っている。建物の地上1~2階の半分ほどを占めるフロアに、カフェ店「BLUE BOTTLE COFFEE(ブルーボトルコーヒー)」が出店する。

施工中の北谷公園。既に2階建ての建物が見える。建物の奥にわずかに見えるカラフルな外壁の建物がLINE CUBE SHIBUYA(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 構造は、鉄骨造。20年9月に着工済みで、21年4月に竣工する。建築面積は約182m2、延べ面積は約296m2。公園は建物が立つ西側(渋谷公園通り側)から東側に向かって傾斜している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。