東京・原宿の人の流れが大きく変わる──。NTT都市開発(東京都千代田区)は2020年4月25日、JR原宿駅前に複合施設「WITH HARAJUKU(ウィズ原宿)」をオープンする。

2020年4月に開業する、JR原宿駅前の大型複合施設「WITH HARAJUKU」(左)。撮影は20年2月(写真:NTT都市開発)
[画像のクリックで拡大表示]

 敷地面積は約5000m2、建築面積は約4200m2、延ベ面積は約2万6600m2、商業面積は約1万300m2と、原宿エリアでは最大規模の複合施設になる。JR原宿駅からWITH HARAJUKUの通路を経由して、若年層や観光客でごった返す竹下通りに出られるようにする。

原宿エリアでは最大規模の複合施設になる。地図は右が北(資料:NTT都市開発)
[画像のクリックで拡大表示]

 丘状の敷地に立つWITH HARAJUKUは、西のJR原宿駅側から北の竹下通り側に向かって地形が下り坂になっている。JR原宿駅側の出入り口は建物の1階にあるが、竹下通り側の出入り口は建物の地下2階に相当する。

WITH HARAJUKUのフロア構成(資料:伊東豊雄建築設計事務所)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。