IHIと三菱地所は2021年3月19日、東京都江東区豊洲2丁目に位置する4-2街区で、オフィスを中心とした複合施設の共同開発事業「豊洲4-2街区開発計画(仮称)」を開始すると発表した。21年度中に既存建物の解体工事を実施。新築計画は22年春に着工し、25年春の竣工を目指す。街区面積は約1万9500m2。計画の設計者は、鹿島と三菱地所設計だ。

 この計画は2棟(A、B)の建物で構成し、オフィスの他、低層部には大屋根を架けた広場空間と、広場を囲む商業施設を配置する。インキュベーションオフィスやシェア企業寮も設ける。施設の利用者だけでなく、周辺住民やビジネスパーソンなどを呼び込み、街全体のにぎわい創出に貢献する。

 A棟は地下1階・地上17階建て、B棟は地下1階・地上15階建て。構造は共に、地下階が鉄骨鉄筋コンクリート造、地上階が鉄骨造。延べ面積は合計で約14万m2を予定している。

晴海通り側から見た新築2棟と広場のイメージ。右がA棟、左がB棟(資料:IHI、三菱地所)
晴海通り側から見た新築2棟と広場のイメージ。右がA棟、左がB棟(資料:IHI、三菱地所)
[画像のクリックで拡大表示]

 地上2階レベルには大屋根の広場を囲むように、歩行者デッキを整備する。このデッキを、4-2街区と向かい側の3街区の間に架かる晴海通りの上の既存歩行者デッキと接続。エリアの回遊性を高める。

豊洲4-2街区の位置。歩行者デッキで向かいの3街区と行き来できるようにする(資料:IHI、三菱地所)
豊洲4-2街区の位置。歩行者デッキで向かいの3街区と行き来できるようにする(資料:IHI、三菱地所)
[画像のクリックで拡大表示]

 IHIと三菱地所の豊洲での共同開発事業は、これで3件目になる。両社による豊洲2・3丁目再開発の最後になる。

 これまでに両社は、10年8月に竣工した「豊洲フロント」と14年7月に竣工した「豊洲フォレシア」の2つを開発してきた。今回の対象街区は現在、IHIが暫定利用として自己所有土地を賃貸しており、結婚式場とカフェ、幼稚園、保育園が立っている。それらを解体し、新築2棟を建てる。

晴海通りを挟んで、計画地の向かい側に立つ「豊洲フロント」(右)と「豊洲フォレシア」(写真:IHI、三菱地所)
晴海通りを挟んで、計画地の向かい側に立つ「豊洲フロント」(右)と「豊洲フォレシア」(写真:IHI、三菱地所)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。