三井不動産は2022年3月15日、「八重洲2丁目北地区市街地再開発組合」の一員として開発しているJR東京駅前の大型複合施設「東京ミッドタウン八重洲」が23年3月にグランドオープンする予定だと発表した。建物は22年8月に竣工する見込みで、地下2階には「バスターミナル東京八重洲」が同年9月17日に先行オープンする。そこで地下1階に入る13店舗は、バスターミナルと同時に先行開業する。まずは東京駅前のバスターミナル利用者に、便利な環境を提供する。

JR東京駅前で開発が大詰めを迎えた大型複合施設「東京ミッドタウン八重洲」(写真:日経アーキテクチュア)
JR東京駅前で開発が大詰めを迎えた大型複合施設「東京ミッドタウン八重洲」(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]
地下1階にできる商業施設の完成イメージ。地下2階の「バスターミナル東京八重洲」と地下1階の13店舗は、2022年9月に先行開業する(資料:三井不動産)
地下1階にできる商業施設の完成イメージ。地下2階の「バスターミナル東京八重洲」と地下1階の13店舗は、2022年9月に先行開業する(資料:三井不動産)
[画像のクリックで拡大表示]

 東京ミッドタウン八重洲は、六本木にある「東京ミッドタウン」、日比谷にある「東京ミッドタウン日比谷」に続く、三井不動産の3つ目になる東京ミッドタウンブランドの施設だ。東京駅八重洲口の真正面で進む「東京駅前3地区」の大型再開発プロジェクトの1つでもある。3地区は「東京駅前八重洲1丁目東地区」「八重洲2丁目北地区(東京ミッドタウン八重洲)」「八重洲2丁目中地区」を指す。

東京駅八重洲口の正面で進む「東京駅前3地区」の大型再開発プロジェクト。東京ミッドタウン八重洲は、3つの真ん中に位置する(資料:三井不動産)
東京駅八重洲口の正面で進む「東京駅前3地区」の大型再開発プロジェクト。東京ミッドタウン八重洲は、3つの真ん中に位置する(資料:三井不動産)
[画像のクリックで拡大表示]

 3つの再開発プロジェクトのトップバッターとして、東京ミッドタウン八重洲とバスターミナル東京八重洲が22年秋から23年春にかけて開業。日本の玄関口である東京駅前に新たなにぎわいを生み出し、交通結節点としての役割も果たす。

 東京駅前という好立地を生かせるよう、東京ミッドタウン八重洲は様々な機能を併せ持つのが特徴だ。オフィスあり店舗あり、さらにはホテルに学校、子ども向け施設、住宅などを備える。あまり例がない多様な構成になっている。そして地下にはバスターミナルができる。

 約1.5haある区域面積の中には、「A-1街区」と「A-2街区」の2つの施設ができる。敷地面積はA-1街区が1万2390m2、A-2街区が1043m2。延べ面積はA-1街区が約28万3900m2、A-2街区が約5850m2

区域内には「A-1街区」と「A-2街区」の2つの施設ができる(資料:三井不動産)
区域内には「A-1街区」と「A-2街区」の2つの施設ができる(資料:三井不動産)
[画像のクリックで拡大表示]

 A-1街区の階数は地下4階・地上45階・ペントハウス2階で、高さは約240mと駅前にそびえ立つ巨大なガラス張りの建物になる。対して、A-2街区は地下2階・地上7階・ペントハウス1階で、高さは約41mと小ぶりだ。構造は鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造・鉄筋コンクリート造である。

 両街区には事務所と店舗が入る。加えて、A-1街区にはホテルと小学校、バスターミナル、駐車場を設ける。A-2街区には子育て支援施設、駐輪場、駐車場、そして住宅ができる。

地下4階・地上45階建てのA-1街区には、事務所や店舗、ホテル、小学校、バスターミナル、駐車場などが入る(資料:三井不動産)
地下4階・地上45階建てのA-1街区には、事務所や店舗、ホテル、小学校、バスターミナル、駐車場などが入る(資料:三井不動産)
[画像のクリックで拡大表示]

 A-1街区の地上7~38階が事務所で、東京駅周辺では最大級となる基準階専有面積が約4000m2のビッグフロアプレートを用意する。39~45階には、日本初進出となる高級ホテル「ブルガリ ホテル 東京」が誕生。客室数は98室を予定し、約1500m2あるブルガリ・スパには25mプールを併設する。イタリアの建築設計事務所であるアントニオ・チッテリオ・パトリシア・ヴィールがインテリアデザインを手掛ける。

 地下1階から地上3階には約60店から成る商業施設ができ、地下2階にはバスターミナルを設ける。さらに東京ミッドタウン八重洲には地上1~4階に「中央区立城東小学校」ができる。子育て支援施設(認定こども園)も設ける。

 事業者は八重洲2丁目北地区市街地再開発組合で、基本設計と実施設計は日本設計、同じく実施設計および施工は竹中工務店が手掛ける。再開発のマスターアーキテクトは、米Pickard Chilton(ピカード・チルトン)が担当している。ピカード・チルトンはJR東日本が東京・高輪で進めている「品川開発プロジェクト」でも、全体デザイン構想に参画している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。