横浜市の臨海部を通る首都高横羽線の生麦ジャンクション(JCT)から、内陸にある第三京浜道路の横浜港北JCTまでをつなぐ首都高横浜北線が開通したのは2017年3月のこと。それから3年ほど遅れて20年2月27日、同線の中間付近に馬場出入り口が完成し、供用が始まった。

首都高横浜北線馬場出入り口のトンネル。供用開始直前の2020年2月18日に撮影(写真:ラジエイト)
[画像のクリックで拡大表示]

 1カ月後の20年3月22日には、横浜港北JCTから東名高速道路の横浜青葉JCTまで首都高横浜北西線が開通。横浜港から日本の大動脈である東名までつながるルートが完成した。
(関連記事:開通が2年も前倒し! 五輪に間に合った横浜北西線

(資料:首都高速道路会社)
[画像のクリックで拡大表示]

 横浜北線は全長8.2kmのうち5.9kmがトンネルで、馬場出入り口と本線も地下約52mにあるトンネル内で接続する。馬場出入り口からは、横羽線・湾岸線方面と第三京浜方面の両方にアクセスできる。

首都高初のETC専用入り口

 馬場出入り口がユニークなのは、入り口を首都高速道路で初めて自動料金収受システム(ETC)専用にしたことだ。

 理由は住宅街に囲まれた丘陵地という地形的な制約と、2カ所に設ける一般道路の接続位置との関係で、半径100mほどの敷地に急カーブで複雑ならせん形状の進入路を収めたから。2方向から来た進入路が料金所の直前で合流。さらに、料金所を通過した直後、横羽線・湾岸線方面と第三京浜方面とに分岐する。

(写真:首都高速道路会社)
[画像のクリックで拡大表示]
(資料:首都高速道路会社)
[画像のクリックで拡大表示]

 首都高速道路会社は「ETC専用とすることで料金所付近の車両通行の整流化が図られ、安全性が向上する。現金で支払う車は、近くにある岸谷生麦出入り口や新横浜出入り口へ容易に迂回できる」と説明する。首都高全体のETC利用率は96%に達しているという。もし、現金払いの車が誤って進入した場合は、料金所に備え付けのインターホンで係員と話し、身分証明したうえで後日払いなどの手続きを取る。出口は現金払いの車も利用できる。

 なお、首都高速道路会社では20年4月下旬から5月8日まで、東京都内にある首都高池袋線の北池袋料金所と東池袋料金所、首都高中央環状線の高松料金所もETC専用で運用した。4月30日までに料金所の収受員計5人が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性と判明。濃厚接触者となった約30人の収受員も自宅待機となったための措置だ。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。