東急とL Catterton Real Estate(L キャタルトン リアルエステート、以下LCRE)、東急百貨店は2021年5月13日、東急百貨店本店が立つ敷地(東京都渋谷区道玄坂2丁目24番)における開発計画を3社で推進することで合意したと発表した。渋谷エリアで多数の複合施設を開発・運営している東急グループと、グローバルな不動産開発投資会社として複合施設を手掛けるLCREが組み、東急百貨店本店に隣接する文化施設「Bunkamura(ブンカムラ)」と一体で、新しい施設をつくる。

解体が決まった渋谷の東急百貨店本店(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 この計画に伴い、東急百貨店本店は23年春以降に、建物の解体工事に着手する。Bunkamuraは今回の計画に合わせて大規模な改修工事を実施する計画である。そのため、23年4月から長期休館する予定だ。ただし、東急グループの文化事業のけん引役として、Bunkamuraは活動を継続する。

東急グループの文化施設「Bunkamura(ブンカムラ)」(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 東急百貨店本店は1967年11月に竣工した。区分所有または他社との共有物件を含めた延べ面積は、約6万1000m2。Bunkamuraは89年9月の竣工で、延べ面積は約3万2000m2だ。

東急百貨店本店が立つ敷地で再開発が始動する(資料:東急)
[画像のクリックで拡大表示]

 LCREは、コンシューマー業界に特化した投資会社であるL Cattertonの一員である不動産開発投資会社だ。本社はルクセンブルクにある。ルイ・ヴィトンなどの高級ブランドを傘下に持つLVMHとAgacheが共同で設立し、日本では東京・銀座にある大型商業施設「GINZA SIX(ギンザ シックス)」の開発に参画した実績がある。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。