2020年を目指して建設するも、コロナ禍の下で開業などを見合わせていた大規模再開発による施設群が、緩やかに動き始めている。湾岸西部の「羽田イノベーションシティ」「羽田エアポートガーデン」「東京ポートシティ竹芝」「ウォーターズ竹芝」を20年7月現在の写真でリポートする。

 東京湾岸西部では、まず大田区の「空港臨海部」で動きがある。陸・海・空の交通結節点に位置づけられる、区の東側のエリアだ。

 空港臨海部には、羽田空港跡地(第1〜第3ゾーン)、東京レールゲート(マルチテナント型物流施設)、羽田空港アクセス線などの開発計画がある。このうち、空港跡地第1ゾーンの整備事業「羽田イノベーションシティ」の先行部分が7月に開業。第2ゾーンの整備事業「羽田エアポートガーデン」が開業待機に入っている。

20年7月の「まちびらき」によって緩やかに始動した羽田イノベーションシティ。写真は無料で開放している足湯スカイデッキ(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]
写真右手が羽田エアポートガーデン。南側の多摩川沿いには19年4月にソラムナード羽田緑地が開園している(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]
羽田イノベーションシティ、羽田エアポートガーデンが立地するHANEDA GLOBAL WINGS(旧名称・羽田空港跡地)のエリア図(資料:大田区)
[画像のクリックで拡大表示]
HANEDA GLOBAL WINGS第2ゾーンの正面では、対岸のキングスカイフロント(川崎市川崎区殿町、18年5月まちびらき)との間を結ぶ羽田連絡道路の建設が進んでいる(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]
羽田エアポートガーデンを南西側から見る。ソラムナード羽田緑地の途中(写真右手)に「羽田空港船着場」がある(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 大田区は、「日本の玄関口」となるエリアの役割を掲げ、東京オリンピック・パラリンピックの開催や羽田空港の再拡張・24時間化が、その発展に弾みをつけると期待していた。2019年8月に「空港臨海部グランドビジョン2030」(10年策定)の改定作業に着手し、20年1月31日にはエリアの将来像や基本方針を示した。

 今後、工業専用地域や開発余地のある中央防波堤埋立地の存在、ものづくり関連産業の集積などを新たな魅力づくりに生かすという方向性自体に変わりはないとみられる。グランドビジョンの専門部会では、舟運活用や、鉄工島フェス(同区京浜島)など立地特性を生かしたアートイベントの強みなども議論されている。

大田区京浜島では17年より、稼働中の鉄工所などを会場とする音楽とアートのイベント「鉄工島フェス」を開催している(写真は19年11月)(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 なお、大田区、国土交通省、跡地開発の事業者である羽田みらい開発、羽田エアポート都市開発は20年2月、羽田空港国際線ターミナル(第3ターミナル)周辺の再開発エリアの呼称を「羽田空港跡地」から「HANEDA GLOBAL WINGS(ハネダ・グローバル・ウイングズ)」に改めたと発表している。

 以下に、羽田イノベーションシティ、羽田エアポートガーデンの現在の様子、続けて湾岸西部のもう1つの新拠点、竹芝エリアの現状を報告する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。