建築家の隈研吾氏がデザインした公共トイレが、東京都渋谷区に誕生した。2021年6月24日、東急文化村(Bunkamura)や東京大学駒場地区キャンパスに程近い鍋島松濤公園内で、「鍋島松濤公園トイレ」(住所は松濤2-10-7)が供用を開始した。

渋谷区の鍋島松濤公園内に完成した隈研吾氏による「鍋島松濤公園トイレ」(写真:日経クロステック)
渋谷区の鍋島松濤公園内に完成した隈研吾氏による「鍋島松濤公園トイレ」(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 「森のコミチ」と名付けられたトイレは、森の中にある集落のようなたたずまいをしている。隈研吾氏はこれを「公衆トイレの村」と表現する。

 5つの個室(小屋)を分棟とし、「子育て(幼児用)」「身だしなみ配慮(中で着替えができる)」「車椅子用」といった具合に用途を明確にした。男女で個室を分けるのではない、新しい発想だ。個室と個室の間には木チップを敷いた小道を設け、通り抜けられるようにした。「風通しが良い、ポストコロナ時代にふさわしい公共トイレができた」と、隈研吾氏は満足げだ。

トイレの前で会見した隈研吾氏。公共トイレをデザインしたのは約30年ぶり、2回目だといい、トイレには強い思い入れがあるという(写真:日経クロステック)
トイレの前で会見した隈研吾氏。公共トイレをデザインしたのは約30年ぶり、2回目だといい、トイレには強い思い入れがあるという(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 各個室は隈研吾氏の代名詞ともいえる、スギ板のルーバーで覆った。厚みのある高級な吉野杉の板を、240枚使っている。外観は、公園に生える木立のようだ。見る角度によっては、トイレだと気づかない人が大勢いるかもしれない。

施設は5つに分棟し、各個室の外壁をスギ板のルーバーで覆った。スギ板は耳付きの吉野杉をぜいたくに使い、自然に近づけるようにランダムな角度で取り付けた(写真:日経クロステック)
施設は5つに分棟し、各個室の外壁をスギ板のルーバーで覆った。スギ板は耳付きの吉野杉をぜいたくに使い、自然に近づけるようにランダムな角度で取り付けた(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]
上の写真のトイレ内部。室面積は6.12m<sup>2</sup>と、かなり広い(写真:日経クロステック)
上の写真のトイレ内部。室面積は6.12m2と、かなり広い(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]
木チップを敷いて固めた小道を通って、5棟を回遊できるようにしている。突き当たりは小便トイレ。隈研吾氏は散策を楽しめるようなトイレづくりを目指したという(写真:日経クロステック)
木チップを敷いて固めた小道を通って、5棟を回遊できるようにしている。突き当たりは小便トイレ。隈研吾氏は散策を楽しめるようなトイレづくりを目指したという(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]
用途別トイレが3つ、隣り合う小便トイレが2つある。さらに防災倉庫(写真左)がある(写真:日経クロステック)
用途別トイレが3つ、隣り合う小便トイレが2つある。さらに防災倉庫(写真左)がある(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 鍋島松濤公園は閑静な住宅街の一角に位置し、約5000m2の広さがある。園内は渋谷とは思えないほど多くの樹木に覆われ、大きな池や水車、遊具もある。日中は子どもたちが走り回る、地域住民の憩いの場になっている。そんな中に、新しいトイレはうまく溶け込んでいるように見える。

 個室に入ると、壁に取り付けられた木の飾りが目に入る。トイレ内まで森の集落らしさを演出している。

トイレ内にも木の飾りを付けている。写真は幼児用トイレ(写真:日経クロステック)
トイレ内にも木の飾りを付けている。写真は幼児用トイレ(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]
小便トイレも個室になっている。ここにも壁に木の飾りがある(写真:日経クロステック)
小便トイレも個室になっている。ここにも壁に木の飾りがある(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]
鍋島松濤公園トイレの平面図(資料:大和ハウス工業)
鍋島松濤公園トイレの平面図(資料:大和ハウス工業)
[画像のクリックで拡大表示]
鍋島松濤公園トイレの断面図(資料:大和ハウス工業)
鍋島松濤公園トイレの断面図(資料:大和ハウス工業)
[画像のクリックで拡大表示]
夜は小道がライトアップされる(写真:永禮 賢、提供:日本財団)
夜は小道がライトアップされる(写真:永禮 賢、提供:日本財団)
[画像のクリックで拡大表示]

 日本財団は、誰でも快適に利用できる公共トイレを設置するプロジェクト「THE TOKYO TOILET(ザ トウキョウ トイレット)」を2020年夏から展開している。東京都渋谷区に合計17カ所の新しい公共トイレを設置する。このプロジェクトには隈研吾氏の他、安藤忠雄氏や伊東豊雄氏、坂茂氏、槇文彦氏ら、16人の著名な建築家やデザイナーなどが参画している。

 20年に完成した坂茂氏や安藤忠雄氏らによる7カ所の公共トイレに続き、21年夏には隈研吾氏やデザイナーのNIGO氏、クリエーティブディレクターの佐藤可士和氏らがデザインした合計6カ所のトイレが供用を開始する。隈研吾氏による鍋島松濤公園トイレは、供用を開始した9カ所目のトイレだ。22年3月までには、17カ所全てが完成する計画になっている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。