米Qualcomm(クアルコム)は2021年1月4日、Snapdragon 400シリーズに5G機能を追加した初の製品「Snapdragon 480 5G Mobile Platform」を発表した(Qualcommのプレスリリース)。8nmプロセスを採用し、従来の400シリーズから4つの機能強化を果たした。

出所:Qualcomm
[画像のクリックで拡大表示]

 5G機能: Snapdragon X51 5Gモデム-RFシステムを搭載し、5G SA(Standalone)および5G NSA(Non-standalone)の両モードにて、ミリ波帯とサブ6(6GHz未満の周波数帯)での通信が可能。下りリンク時最大2.5Gビット/秒の通信速度を実現し、TDD、FDD、DSS(Dynamic Spectrum Sharing、動的周波数共有技術)に対応するなど、柔軟で接続性の高い通信を提供する。FastConnect 6200も搭載し、8x8のマルチユーザーMIMO、2×2 Wi-Fi(デュアルWi-Fiアンテナ)などの機能を持つWi-Fi 6に対応するほか、Bluetooth 5.1もサポートする。

 各種プロセッサと電池性能:Snapdragon 480は、CPUに最大動作周波数2.0GHzのKryo 460、GPUにAdreno 619を採用し、それぞれ前世代製品Snapdragon 460に比べて、2倍の性能を実現。AI用にはHexagon 686を採用し、こちらも70%の性能改善を行っている。Snapdragon 400シリーズで初めてQuick Charge 4+ 技術を採用し、充電時間の短縮も実現する。

 カメラ機能:画像処理プロセッサ(Image Signal Processor、ISP)には、Snapdragon 400シリーズでは初めて3つのISPを搭載するSpectra 345を採用。最大13メガピクセルでのカメラ3台からの一斉画像配信や、720pでの3動画撮影などが可能となる。

 エンターテインメント:120フレーム/秒のFHD+ディスプレーに対応し、より鮮明で素早くスムーズなレンダリングを実現。ゲーム時などのユーザー体験をさらに向上する。

 Snapdragon 480を搭載する商用端末は、2021年上半期の早い時期に発表される見込みとなっている。

出所:Qualcomm
[画像のクリックで拡大表示]