ドイツInfineon Technologies(インフィニオンテクノロジーズ)の日本法人であるインフィニオンテクノロジーズジャパンは2022年1月18日、次世代の車載マイコン「AURIX TC4x」ファミリーの記者会見を開いた。すでに先行顧客向けに28nm世代品をサンプル出荷中とする。

 同社の車載マイコンは「TriCore(トライコア)」と呼ぶ独自のCPUコアを搭載する。同コアは1999年に誕生し、これまでに累計約8億4500万個のチップを出荷した実績がある。このうち、約3億2000万個をAURIXマイコンが占める。22年末までには、TriCore搭載チップの数は「約10億個に達する見通し」(インフィニオンテクノロジーズジャパン オートモーティブ事業本部マイコン製品担当シニアダイレクターの赤坂伸彦氏)という。

「TriCore」搭載チップは22年末までに累計10億個へ
「TriCore」搭載チップは22年末までに累計10億個へ
(出所:インフィニオンテクノロジーズ)
[画像のクリックで拡大表示]

 AURIXマイコンの最新世代となるTC4xファミリーは、「TriCore v1.8」と呼ぶ強化版のCPUコアを新たに採用した。前世代のコアに比べて性能を約60%高めたほか、仮想化機能(ハイパーバイザー)を搭載した。最大6コアまで用意し、コアごとに最大8台の仮想マシンを構築できるため、理論上は1つの車載マイコンで最大48台の仮想マシンを動かせる。OTA(Over The Air)によるソフトウエア更新にも対応する。

 これにより、複数のECU(電子制御ユニット)機能を統合した「ゾーンECU」などを実現しやすくなる。次世代車では車両の前後左右など、領域ごとにゾーンECUを配置する新たな電気/電子(E/E)アーキテクチャーが検討されている。今回の車載マイコンは「ゾーンECUへの搭載を主に狙う」(同氏)という。また、各ゾーンECUを束ねるセントラルECUに使うことも可能とする。ただ、その場合は車載SoC(System on Chip)と組み合わせるコンパニオンチップとしての用途を想定する。

「ゾーンECU」への搭載を狙う
「ゾーンECU」への搭載を狙う
パワートレーンやシャシー、ADAS(先進運転支援システム)など、これまでAURIXがターゲットとしてきたアプリケーションに加え、ゾーンECUでの採用も狙う。(出所:インフィニオンテクノロジーズ)
[画像のクリックで拡大表示]

 CPUコアに加え、「AURIX Accelerator Suite」と呼ぶハードウエアアクセラレーター群も強化した。AI(人工知能)処理用のベクトルDSP「PPU(並列処理ユニット)」と、車載ネットワーク用の処理エンジン「DRE(Data Routing Engine)」を新たに搭載した。PPUを使うことで、TriCore v1.8の最大78倍のAI処理性能を出せるほか、DREによって同1.5倍のネットワーク処理性能を実現できるという。このほか、アクセラレーターとして「SPU(信号処理ユニット)」は前世代品に比べて最大4倍、サイバーセキュリティー用の「CSRM/CSS」は同8倍に性能を高めた。

ハードウエアアクセラレーター群を強化
ハードウエアアクセラレーター群を強化
(出所:インフィニオンテクノロジーズ)
[画像のクリックで拡大表示]

 なお、セキュリティーモジュールは「ISO 21434」規格に準拠する。機能安全規格「ISO 26262」のASIL-Dにも対応する。

 開発環境として、米Synopsys(シノプシス)の仮想プロトタイピングツール「Virtualizer Development Kit」を利用できる。同ツールを使えば、実チップがなくても車載ソフトの開発に着手できる。実チップを使った開発では、シノプシスのSDK「ARC MetaWare Toolkit for AURIX TC4x」を利用できる。今後、シノプシス以外にもさまざまなパートナー企業のツールを提供する予定である。