NECは2022年1月20日、ローカル5G向けの新たな基地局「UNIVERGE RV1000シリーズ」の2機種を発表した(図1)。最大の特徴は、基地局構成をシンプル化し、これまでシステム全体の導入費用が数千万円かかることが一般的だったローカル5Gの価格を、500万円以下から利用できるようにした点だ。4.6G〜4.9GHz帯のSub6に対応したスタンドアローン型(SA)基地局「UNIVERGE RV1200」と、28.2~29.1GHz帯のミリ波に対応したノンスタンドアローン型(NSA)基地局「同RV1300」の2機種を用意する。同社は25年度までに両機種で計1000システムの提供を目指す。

図1 NECデジタルネットワーク事業部事業部長の尹秀薫氏
図1 NECデジタルネットワーク事業部事業部長の尹秀薫氏
手に持つのが、「UNIVERGE RV1200」である。(出所:NEC)
[画像のクリックで拡大表示]

 Sub6対応の同RV1200の基地局単体価格は98万円(図2)。コアネットワークなど基本システム全体をパッケージ化した「Sub6スターターパック」は、クラウドサービスの形態で提供する5Gコアネットワーク(1年間の利用料)とユーザーデータ処理装置(UPF)と合わせて価格は498万円からとした(図3)。RV1200は22年3月から受注開始する。

図2 「UNIVERGE RV1000シリーズ」の仕様
図2 「UNIVERGE RV1000シリーズ」の仕様
(出所:NEC)
[画像のクリックで拡大表示]
図3 「Sub6スターターパック」について
図3 「Sub6スターターパック」について
(出所:NEC)
[画像のクリックで拡大表示]

 ミリ波対応の同RV1300は、コアネットワークのソフトウエアであるEPC(Evolved Packet Core)とのセットで498万円。こちらも基本システム全体をパッケージ化した「ミリ波スターターパック」を提供し、価格は669万円からとなる。RV1300は、22年度第1四半期から受注を始める。

 価格を抑えられた理由として、NECデジタルネットワーク事業部事業部長の尹秀薫氏は「これまで基地局の無線部(RU:Radio Unit)と制御部(CU:Central Unit、DU:Distributed Unit)を分離していたのを、1つの筐(きょう)体内に収めた一体型基地局を開発したためだ」とする(図4)。

図4 ローカル5G普及を狙う
図4 ローカル5G普及を狙う
(出所:NEC)
[画像のクリックで拡大表示]

 無線部と制御部を一体化した基地局をつくることで、分離型と比べて導入費用を50%以下に抑えられる。ローカル5G導入を検討する企業からは、これまで「導入の手間がかかる」、「もっと迅速にローカル5Gネットワークを構築したい」という声が挙がっていた。

 両製品は小型化も実現している。例えばRV1200は大きさがほぼA4サイズであり質量は3kgほどに抑えた。「小型軽量であるため、設置場所の自由度が増える。設置にかかる時間や工数も抑えられる」とNECの尹氏は続ける。

 NECは25年度までにローカル5G事業関連で500億円の事業規模を目指している。一体型基地局・スターターパックなど、低価格製品の投入でローカル5G市場拡大の起爆剤にしたい考えだ。尹氏はこの価格設定によって、「産業のデジタル化、快適・効率的なワークライフ空間などを推進するとともに、当社のローカル5G市場での競争力を高める」と力を込めた。