シャープは2022年1月25日、スマートフォンのアプリ「COCORO HOME」が初めて他社製のIoT(Internet of Things)家電と連携できるようになったと発表した。同アプリで、シグニファイジャパン(東京・品川)のLED照明機器「Philips Hue(以下、Hue)」の操作ができる。連携には、シャープのグループ会社であるAIoTクラウド(東京・江東)のクラウドサービス「AIoTプラットフォーム」を活用する。

AIoTプラットフォームによる連携イメージ
AIoTプラットフォームによる連携イメージ
(出所:シャープ)
[画像のクリックで拡大表示]

 COCORO HOMEからHueの点灯・消灯ができるほか、アプリ間連携をすることでHueの専用アプリを起動し、これを使って色や明るさを変更できる。また、COCORO HOMEを使うことで、シャープのIoT家電や、COCORO HOMEから操作が可能な他社の給湯器の一括操作ができる。

「COCORO HOME」を使った「Philips Hue」の操作イメージ
「COCORO HOME」を使った「Philips Hue」の操作イメージ
(出所:シャープ)
[画像のクリックで拡大表示]

 例えば、帰宅時に空調と照明、風呂の湯張りを同時に実行するということが可能となる。現時点では実現していないが、空調と照明の色調を合わせることで省エネをしながらも心地良い室内空間を創造したり、視聴している動画に合わせて照明を変化させたりするようなサービスも考えられるという。

一括操作のイメージ
一括操作のイメージ
(出所:シャープ)
[画像のクリックで拡大表示]

 なお、COCORO HOMEからHueを操作する場合、AIoTプラットフォームと、シグニファイの「Philips Hueプラットフォーム」が、Web APIを介して連携することで実現しているという。シャープは、今後、AIoTプラットフォームと、他社のIoT機器プラットフォームを同様に連携させていくことで、家庭内のIoT機器のデータの集約を進めたいとする。これらを分析して、活用方法を模索することで、新サービスや新ビジネスを創造するのが狙いである。