IoT(Internet of Things)開発を手がけるリンクジャパン(東京・港)は2022年1月24日、スマートホームのデモンストレーションを実施した。同社製品を導入した東京建物の賃貸マンションで、さまざまな家電をまとめて操作できるスマートフォンアプリや多機能ボタンを使う様子を披露した(図1)。

図1 東京建物の賃貸マンション「Brillia ist 上野」に導入したスマートプラットフォーム「eLife」
[画像のクリックで拡大表示]
図1 東京建物の賃貸マンション「Brillia ist 上野」に導入したスマートプラットフォーム「eLife」
同マンションの計6部屋にリンクジャパンのIoT機器を導入した。家電は声やスマホ、多機能ボタンで操作できる。音声操作は米Amazon.com(アマゾン・ドット・コム)の音声対話機能「Alexa(アレクサ)」を搭載した。なお同マンションでは、スマホなどを使ったお湯張り機能は未搭載(22年1月時点)。(出所:リンクジャパン)

 同マンションはリンクジャパンのスマートプラットフォーム「eLife」を導入しており、各社の家電を連動して操作できる。「さまざまなIoT製品や新機能をあとから追加できる拡張性などが導入につながった」と同社CEO(最高経営責任者)の河千泰進一氏は語った。

 同マンションには、スマホで解錠できるスマートロックや自動開閉できるカーテンなどの製品を設置した。空調機器やテレビなどの家電は、専用リモコンをコンセントに設置することで遠隔操作できる。家電からのデータを米Amazon Web Services(アマゾン・ウェブ・サービス、AWS)のクラウドサービスを経由して統一管理する仕組みだ(図2、図3)。

図2 コンセントに設置するスマートリモコン「eRemote Pro」
[画像のクリックで拡大表示]
図2 コンセントに設置するスマートリモコン「eRemote Pro」
同製品を設置することで、空調機器やテレビなどがスマホから操作できるようになる。外形寸法は縦73×横70×高さ70mm。定格電源は15A、125Vとする。Wi-Fiで通信する。(撮影:日経クロステック)
図3 遠隔開閉できるスマートカーテン「eCurtain」
[画像のクリックで拡大表示]
図3 遠隔開閉できるスマートカーテン「eCurtain」
声やスマホ、多機能ボタンからの操作に加えて、タイマー設定もできる。レール幅は標準の182cmのほか、オーダーサイズにも対応する。(撮影:日経クロステック)

 デモで目を引いたのが、スマホアプリなどで自由に設定できる多機能ボタンだ。例えば帰宅時にボタンを1回押すだけで、照明や空調機器をつけたり、カーテンを閉めたりできる。「声を出すことに抵抗がある人や、スマホに慣れていない子供や高齢者でも簡単に操作できるようにした」と同社 IoT事業推進マネージャーの土橋照之氏は説明した(図4)。

図4 玄関に設置した多機能ボタン
[画像のクリックで拡大表示]
図4 玄関に設置した多機能ボタン
部屋内の家電を一括操作できる。ダブルタップなどにも対応した。リンクジャパンのスマホアプリ「HomeLink」上で操作できる。同社は「競争相手のまだ少ない高齢者層に注力」するため、多機能ボタンのような簡単に操作できる製品の開発を進める。(撮影:日経クロステック)

 なお、東京建物の賃貸マンションでのIoT機器の導入費用は「1部屋あたり30万円弱」(リンクジャパン)という。