独Infineon Technologies(インフィニオン)は、実装面積が2.0mm×2.0mmと小さい8端子TSNP-7に封止した車載機器向けLDOレギュレーターIC「TLS715B0NAV50」を発売した(ニュースリリース)。同社のリニアレギュレータICファミリーである「OPTIREG」に含まれる製品である。業界標準になっている実装面積が3.3mm×3.3mmの10端子TSON封止品と比べると、実装面積を約60%削減できる。さらに,「今回採用した8端子TSNP-7はフリップチップ実装技術を適用しているので、高い放熱特性を実現できた。放熱特性は、10端子TSON封止品とほぼ同等。電源回路の電力密度を高めることが可能」(同社)という。車載レーダーや車載カメラ、ADAS対応機器、車載インフォテインメント機器などに向ける。

実装面積が2.0mm×2.0mmと小さい8端子TSNP-7に封止したLDOレギュレーターIC。Infineon Technologiesのイメージ
[画像のクリックで拡大表示]

 車載用半導体ICの品質規格「AEC-Q100」と、車載用ディスクリート半導体の品質規格「AEC-Q101」の両方に準拠する。入力電圧範囲は+4.0〜40V。出力電圧は+5Vで固定である。出力電圧の誤差は±2%(最大値)。最大出力電流は150mAである。ドロップアウト電圧(入出力電圧差)は180mV(100mA出力時の標準値)。電源電圧リップル除去比(PSRR)は60dB(最小値)を確保した。出力コンデンサーに静電容量が1μFと小さいコンデンサーを使っても、安定動作が得られるとする。イネーブル機能や過熱保護機能、出力の電流制限機能などを備える。消費電流は36μA(標準値)と少ない。動作温度範囲は−40〜+150℃。すでに量産出荷を始めている。価格は明らかにしていない。