ルネサスエレクトロニクスは、米Intel(インテル)の次世代MPU(Xeon)を搭載するサーバー向けに、クロックジュネレーターICの新製品「9SQ440」を発売した(ニュースリリース)。新製品はPCI Express Gen 5.0に対応し、Intelが次世代Xeon向けに策定したクロック仕様「CK440Q」に準拠する。ルネサスによれば、CK440Qに準拠したクロックジェネレーターICは今回が業界初だという。

新製品と応用イメージ
(出所:ルネサス)
[画像のクリックで拡大表示]

 新製品はPCI Express Gen5に加えてUPI v2.0にも対応し、32G転送/秒のSerDes(Serializer/Deserializer)のクロックに利用できる。位相ジッターはPCI Express Gen5の仕様より低い53fs(実効値)のため、設計マージンの確保に寄与するとしている。それぞれ独立したOE#ピンで制御可能な7本の専用100MHz出力や、3本の専用25MHz出力、100M/25MHzを選択可能な9本のマルチプレクス出力などを備える。また0/-0.3%/-0.5%のスペクトル拡散クロック出力にも対応する。

 パッケージは0.5mmピッチの100ピンVFQFPN(8mm×8mm)である。電源電圧は3.3V。動作温度範囲は-40~+85℃。価格は未公表。

新製品の機能ブロック図
(出所:ルネサス)