TDKは、近距離無線通信(NFC:Near Field Communication)に向けた積層型インダクターを開発し、2021年2月に量産を開始する(ニュースリリース)。NFCアンテナとNFCリーダーライターICの間に挿入するLCフィルター(低域通過フィルター)回路兼インピーダンス整合回路に向ける。応用先は、スマートフォンやスマートウオッチなどである。

NFCに向けた積層型インダクター
(出所:TDK)
[画像のクリックで拡大表示]

 新製品の型番は「MLJ1005Hシリーズ」である。特徴は、同社従来品「MLJ1005Wシリーズ」と同様にインダクタンス値の誤差を±5%(いわゆる公差)に抑えたうえで、大きな電流を流したときの交流抵抗(Rac)を同社従来品よりも低減した点にある。「NFCリーダーライターを手掛ける電子機器メーカーからは、感度を高めるために大電流に対応したインダクターが求める声が高まっていた。感度を高めれば、例えばスマートフォンやスマートウオッチをNFCリーダーライターに対して斜めにかざしても、正しくデータを送受信できるようになるからだ」(同社)。交流抵抗を低く抑えれば、より多くの電力をNFCアンテナに供給できるようになり、感度を高めることが可能になる。

新製品の適用例(NFCリーダーライター)
(出所:TDK)
[画像のクリックで拡大表示]

 NFCでは、搬送波(キャリアー)周波数に13.56MHzを利用する。この周波数における新製品(MLJ1005HXGR16)の交流抵抗(Rac)を下図に示す。供給電流が約380mA ppまでは、同社従来品(MLJ1005WR16)の方が小さいが、これを超えると新製品の方が小さくなる。600mAを流しても、交流抵抗の増大幅はわずかである。このため大電流供給時は、新製品を使った方がNFCアンテナにより多くの電力を供給できるようになる。

新製品(MLJ1005HXGR16)と従来品(MLJ1005WR16)の特性
(出所:TDK)
[画像のクリックで拡大表示]

 大電流供給時の交流抵抗を低減できた理由は、採用した磁性体材料にある。Ni系フェライト材料をベースに、組成比や添加剤を工夫することで交流抵抗(ヒステリシス損失)を低減したという。ただし、具体的な組成比や添加剤の名称は明らかにしていない。なお、インダクタンス値の誤差を±5%に抑えられた理由は、「積層した金属電極パターンの位置精度と、フェライト材料の製造ばらつきを厳密に管理したことにある」(同社)という。この点は同社従来品と同じである。インピーダンス整合回路は、インピーダンスが変動すると不整合状態になり、NFCアンテナに供給できる電力が大きく減少してしまう。「このため、インダクタンス値の誤差が±5%と小さいインダクターの採用が不可欠である」(同社)。

 新製品は、13.56MHzにおけるインダクタンス値の違いで5製品を用意した。具体的には、82nH品と91nH品、160nH品、180nH品、200nH品である。外形寸法は1.0mm×0.5mm×0.5mm(1005サイズ)。このほかの新製品の主な仕様は下表の通り。量産は2021年2月に開始する予定。サンプル価格は30円である。 

新製品の主な仕様
(出所:TDK)
[画像のクリックで拡大表示]