旭化成エレクトロニクスは、可燃性ガスセンサーに向けた赤外光LED「AK9703AJ」と、赤外光受光素子「AK9730AJ」、アナログフロントエンド(AFE) IC「AK9723AJ」の3製品を発売した(ニュースリリース)。この3製品を組み合わせることで、非分散赤外線吸収(NDIR:Non Dispersive Infrared)方式の可燃性ガスセンサーを構成できる。具体的な応用先として、簡単に装着できる携帯型の可燃ガス爆発下限界検知器や、天然ガスの輸送設備に向けた太陽電池動作のリーク検知器などを挙げている。

可燃性ガスセンサーに向けた赤外光LED。旭化成エレクトロニクスの写真
[画像のクリックで拡大表示]

 AK9703AJのピーク発光波長は、代表的な可燃ガスであるCH4(メタン)の赤外線吸収帯域に合わせた3.6μmである。発光波長の半値幅は0.7μm。発光量をモニターする赤外光受光素子を内蔵する。LEDの劣化などで発光量が減少した場合でも、駆動電流を増やすことで発光量を補正できるため、高精度なガス検知が可能という。パッケージは、外形寸法が2.6mm×1.9mm×0.4mmの8端子SON。動作温度範囲は−40〜+85℃である。

フォトダイオードを使った可燃性ガスセンサー向け赤外光受光素子。旭化成エレクトロニクスの写真
[画像のクリックで拡大表示]

 AK9730AJは、フォトダイオードを使った赤外光受光素子だ。同社従来品で使用していたサーモパイルに比べると、「感度は3倍以上、高速応答性は1000倍以上高められる」(同社)という。中心波長が3.32μmで、半値全幅(FWHM:Full Width at Half Maximum)が0.19μmの光学フィルターを搭載した。パッケージは、外形寸法が3mm×3mm×1.01mmの10端子SON。動作温度範囲は−40〜+85℃である。

 AK9723AJは、アンプ回路やサンプルホールド回路、13ビットA-D変換器、デジタル信号処理回路、LEDドライバー回路などを集積した。アンプ回路の利得や、LEDドライバー回路の駆動電流は、ユーザーがプログラムできる。電源電圧範囲は+2.7〜3.6V。消費電流は、積分時間が100μsで測定時間が149msのときに8.1μA(標準値)。パッケージは、外形寸法が4.0mm×4.0mm×0.7mmの16端子HWQFN。動作温度範囲は−40〜+85℃である。

 3製品いずれも、価格は明らかにしていない。