オリンパスは、人工知能(AI)を搭載した内視鏡画像診断支援ソフトウエア「EndoBRAIN-EYE(エンドブレインアイ)」を2020年5月下旬に国内で発売すると発表した。大腸内視鏡検査中にポリープやがんなどの病変が映っているかを推測し、リアルタイムで音と画面上の色で警告し医師の診断を補助する。内視鏡における病変検出用AIとして、国内で初めて薬機法承認を得た製品になるという。

AIによるリアルタイム解析の流れ
(出所:オリンパス)
[画像のクリックで拡大表示]

 AMED(日本医療研究開発機構)の支援のもと、昭和大学横浜市北部病院と名古屋大学大学院、サイバネットシステムが開発した。臨床性能試験を経て2020年1月24日にサイバネットシステムが医薬品医療機器等法の製造販売承認を取得。オリンパスが同社から国内における独占販売権を取得した。

 ディープラーニング(深層学習)によるAIが大腸内視鏡検査中の画像を解析し、ポリープやがんなどの病変候補を検出すると、リアルタイムで音と画面上の色で警告する。設計上、あえて発見した病変候補の位置を画面上で特定することはせず、医師に警告を発するだけにとどめた。病変の発見を支援しつつ、最終的な診断を医師の診断に任せることで、医師の診断に寄り添った設計になっている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。