PFUは、産業用PC/組み込みコンピューターの新シリーズ「GRシリーズ」を2022年3月15日に発表し ニュースリリース 、第1弾製品の医療(ヘルスケア)市場向け「GR8100モデル300N」を同日に発売した。GR8100モデル300Nの出荷開始は22年9月を予定する。同製品の価格は10万円台(10万~20万円)からとする。

産業用PC/組み込みコンピューター「GR8100モデル300N」
産業用PC/組み込みコンピューター「GR8100モデル300N」
シャシー(きょう体)前面にカラーシート(3色あり)を貼ることができる(下の写真)。(出所:PFU)
[画像のクリックで拡大表示]

 同社は高信頼性と国産を武器に、産業用PC「ARシリーズ」を展開してきた*。今回発表のGRシリーズはARシリーズの下位シリーズに当たり、「価格面でARシリーズは難しいが、一般用のPCでは信頼性に不安があるという顧客を狙う」(同社)。ARシリーズ向けに開発した技術を再利用したり、用途を定めることで力を入れる仕様を絞ったりして、低価格化を図った。第1弾製品は医療現場で使われる機器に狙いを定めた。

* 関連記事 さびやウイスカ抑制、ステンレスきょう体の産業用PCをPFU発表

 第1弾製品の特徴として、5年間にわたって24時間稼働を保証していることを同社は挙げた。「一般用のPCでは1日8時間程度の稼働を前提に設計されているが、新製品はARシリーズと同様に5年間にわたって24時間稼働するように設計した」(同社)。また、5年間の製品供給と製品保守も行う。オプションで同社が開発した「ソフトウェアRAID」機能を利用できる。「軽微なエラー時は自動的に復旧し、ストレージ交換が不要」(同社)。一般的なハードウエアのRAIDに比べてストレージの交換回数を削減できる。

オプションの「ソフトウェアRAID」機能の概要
オプションの「ソフトウェアRAID」機能の概要
ソフトウェアRAID機能を選ぶと、ストレージのホットスワップ交換も可能になる。(出所:PFU)
[画像のクリックで拡大表示]

 シャシー(きょう体)の寸法は87mm×320mm×300mmと小型ながら、ユーザーが利用できるPCI Expressのスロットを3つ備える。ディスプレー出力端子は、1つのVGAポートと2つのDisplayPortを設けた。「医療現場では高解像度ディスプレーの要求が高まっており、DisplayPortで4K解像度ディスプレーに対応できるようにした」(同社)。シャシーはステンレス製である。「衛生面で頻繁にアルコール消毒液を使って拭き取っても、コンピューター表面の変色や変形がないようにした」(同社)。EMI(Electro Magnetic Interference)は、VCCIクラスB対応である。

新製品の外部端子配置
新製品の外部端子配置
(出所:PFU)
[画像のクリックで拡大表示]

 搭載するMPUは3種から選べる。いずれも米Intel(インテル)製で、「Core i5-9500E」(開発コード名:Coffee Lake Refresh)、「Core i3-9100E」(同:Coffee Lake Refresh)、「Celeron G4900」(同:Coffee Lake)である。動作周辺温度は+5~+40℃。保管周辺温度は-10~+60℃。AC(交流)100~240Vで動作する。

新製品の仕様
新製品の仕様
新製品は受注生産で、最小販売数は10台である。(出所:PFU)
[画像のクリックで拡大表示]