米NVIDIA(エヌビディア)は2022年3月22日(米国時間)、ロボットや医療機器といった組み込み機器でのAI(人工知能)処理に向けたコンピューターモジュールの開発キット「NVIDIA Jetson AGX Orin Developer Kit」を発表した。演算処理性能は275TOPSで、同社前世代品の8倍以上だという。既に販売を開始しており、価格は1999米ドルである。

「NVIDIA Jetson AGX Orin Developer Kit」
「NVIDIA Jetson AGX Orin Developer Kit」
(出所:エヌビディア)
[画像のクリックで拡大表示]

 「Ampere」アーキテクチャーのGPUのほか、英Arm(アーム)のCPUコア「Cortex-A78AE」、ディープラーニング用のアクセラレーターなどを搭載する。メモリーは32Gバイトである。この開発キットでエッジAIやロボットなどを開発する。開発後、実用化する際には、「Jetson AGX Orin」、あるいは「Jetson Orin NX」といったコンピューターモジュールを機器に搭載する。Jetson AGX Orinは演算処理性能が275 TOPS、メモリー容量が64Gバイトの品種と、同200 TOPS 、同32Gバイトの品種を用意。価格はそれぞれ1599米ドルと899米ドルである。Jetson Orin NXでは、同100 TOPS 、同16Gバイトで599米ドルの品種と、同70 TOPS、同8Gバイトで399米ドルの品種を用意した。いずれも、1000個以上購入時の価格で、22年第4四半期に出荷予定である。

 加えて、Jetson AGX Orinを採用した無人搬送ロボット(AMR)向けの開発環境「Isaac Nova Orin」を発表した。ハードウエアには2つのJetson AGX Orinモジュールを搭載し、演算処理性能は最大550TOPSに達する。最大6個のカメラ、3個のLIDAR、8個の超音波センサーを備える。

 各種ツール群も提供する。例えば、ロボット向けシミュレーションツール「NVIDIA Isaac Sim」をOmniverse上で利用するためのツールや、「NVIDIA DeepMap」を利用してロボットが置かれる環境をマッピングするためのツールなどを用意する。

「Isaac Nova Orin」
「Isaac Nova Orin」
(出所:エヌビディア)
[画像のクリックで拡大表示]