ルネサス エレクトロニクスは、Bluetooth Low Energy 5.0(BLE 5.0)に準拠した無線通信モジュールの新製品「RX23Wモジュール」を2021年4月6日に発売した(ニュースリリース)。家電やヘルスケア機器、スポーツ/フィットネス機器などのIoT(Internet of Things)エンドポイント機器に向けた製品である。

新製品と応用イメージ
(出所:ルネサス エレクトロニクス)
[画像のクリックで拡大表示]

 同社はBLE 5.0準拠の無線通信モジュール「RYZ012」を20年8月4日に発売している*1。RYZ012は他社のマイコンを使っていたが、新製品は自社のBLE 5.0対応無線通信マイコン「RX23W」*2をベースにした。新製品のモジュールには、RX23Wに加えてアンテナや発振器、それらのマッチング回路を収めている。

新製品の機能ブロック図
(出所:ルネサス エレクトロニクス)
[画像のクリックで拡大表示]

 新製品は各国の電波法認証やBluetooth SIGの認証を取得しており、RFの設計やチューニングを必要としない。そのため、RFの知識がない場合でも新製品を使うことで機器やシステムの開発期間を短縮できるという。新製品のパッケージは6.1mm×9.5mmの83ピンLGAであり、システム制御も行えるマイコンを搭載したBLE 5.0無線通信モジュールの中では最小レベルの小型化を実現したという。

 新製品の参考価格は、1万個を一括購入する場合に7.26米ドル(約802円、1米ドル=110.5円換算)/個(税込)。現在、量産出荷中である。評価用ターゲットボード「RTK5RX23W0C01000BJ」を用意しており、その参考価格は5500円/個(税込み)である。

評価用ターゲットボード「RTK5RX23W0C01000BJ」
(出所:ルネサス エレクトロニクス)
[画像のクリックで拡大表示]